FC2ブログ

今年も介護職員初任者研修開催します!

 今年度も「介護職員初任者研修」を実施します。旧ヘルパー2級課程に匹敵します。思い起こすにもう20年以上前に委託事業で始めた覚えがあります。おそらく400名くらい養成してきたように思います。いつか数えましたが100名以上が現在も仕事しています。近年は受講者も少なく定員割れが続いています。ながらく神石高原町のシルトピア油木を会場に開催してきましたが,少しでも多くの方に,また真冬にならないうちにという思いで秋の開催です。少しでも福祉業界や介護の道に進んでくれる人たちを歓迎しています。

 先の広島東洋カープではありませんが自前で育成していかないとおいそれと人手はやってきません。そんな時代です。毎年開催を危ぶんできましたが,数名でも受講者があれば,戦力ですから大事にしないといけません。またこの講座を通して講師を務める現場スタッフの研修が進むことを期待しています。ユニット型施設となって新しいことは,建物が分かれていますので一人での業務時間が多くあります。自分のペースで仕事しやすい面もあるでしょうが,個々の力量差が大きく見えてしまうリスクもあります。言葉「一言」をとっても重要です。同じ言葉でも使う人が異なると意味合いが違って受け取られる可能性があります。ご利用者はもちろんのこと,実習生などは施設の評価に直結します。

 個々の受講者にとってみのり多い講座になることを期待します。10月6日開講です。

 

広島カープ3連覇達成!

 9月26日プロ野球広島カープがセントラルリーグ3連覇を達成した。なにしろジャイアンツ以外で3連覇を達成したチームがないだけに偉業となる。すごいことです。翌日新聞を開くと優勝記事はともかく,チラシ広告がすごいではありませんか?広島カープと全く関係ない企業が「優勝セール」とかで5%OFFとか10%,3割まであります。ポイント9倍,10倍などといった表現もあります。それも今日から2日間とか1週間という広告です。あれだけ優勝のXデイがずれた(カープのせいです)だけに,良く準備していたものだと思いましたが,どこにも日付は入っていません。そうです。いつでもよいようになっています。ある職員さんが「●●店へ行ったけどもう何も品物がなかったよ」というくらい売れているお店もあるようです。その意味でも経済効果があります。

 しかしながら広島カープファンでない人は住みにくいですね。この広島県といっても端っこです。この端でさえ優勝セールですから,さぞ異常とも言えます。これが少し移動し岡山県新見市に入ると途端にカープの表示はなくなります。すごく極端ですね。テレビ番組、商品総て「カープ表示」です。たしかに私たちの法人内の東寿園福祉作業所では広島カープ公認の土鈴人形さえあります。

 それにしてもおめでとうございます。

小学校の担任の先生

 小学校1年生の時の担任の先生から直筆のお手紙を頂いた。偶然にも法事にお招きいただいた。もう50年近く昔のことなので,懐かしいやら,恥ずかしいやらでお伺いすることにしましたが,先生も高齢で体調も良くなく,実際はお見えになりませんでしたので,ひそかに緊張感がほぐれたのも事実です。

 お伺いしたお家は普段は空いていますが,立派なお家です。読経が終わり,ご姉妹より封筒をいただきました。お手紙です。動揺しそうなので帰宅してから読ませていただきました。小学校時代のことが書かれていました。「私も当時は若かったので一生懸命でしたが,充分には役目がはたせていなかったように反省しています」と謙虚な言葉がありました。思わず私も返信のお手紙を書くことにしました。小学校の恩師ですから,もう八十才を超えておらます。それでも直筆のお手紙をいただけるとはありがたいことです。先生に覚えてもらっていること自体ありがたいことですが,私も感謝しております。いつかお会いできることを望んでいます。それまでお元気におられることを願います。

北海道地震のあとの私たちの教訓

 北海道胆振地震の影響は意外な方向に認められます。出張の帰りに福山駅から途中回転寿司のお店に入りました。回転寿司もなめてはいけません。カウンターのお店より美味しいとさえ思えるお店もありますから。それはそうとある有名チェーン店に入りました。入ってご説明は受けたのですが・・・品薄だったんですね。それも北海道の地震のせいで。それが思ったより多くて約3分の2のメニューが動いていませんでした。予想以上に北海道方面から入荷するものがお魚には多いんですね。

 そういえば数日前に東京ディズニーランドも影響で予約がとれなくなったとか聞きました。なんでも札幌に各種コールセンターが集中しているとかで。当然のことながら停電のためシステムが動かなくなったといいます。北海道の売りは災害リスクが少ないということでしたから,もう戦略の立て直しが必要となりそうです。すでに日本ではどこかでおきた災害の影響は思わぬところに係わりが出てくる可能性があるということです。

 そうしてみると,もう災害には「想定外」というジャンルはなくなりそうです。あらゆる可能性を予想しておかなくてはいけないようですね。

厨房建設プロジェクト①

 風の街みやびらは開所4年が経過しましたが,厨房がありません。いつか建設しようと思いながら,旧施設に残っており,調理して車で運んでいました。毎日お昼と夕食を配食車両にコンテナを積んで運んでいます。その上,朝食も夕食配送時に一緒に運んでもらいます。しかしながら旧施設も40年近く経過していますから,そろそろ考えなくてはいけません。 

それから同じ法人のシルトピア油木も平成3年開所ですから25年以上経過しています。その間厨房施設の大きな改修をしていませんから,そろそろ大改修をしないと対応できません。そこでくしくも同時期に厨房建設と改修のプロジェクトを始めることとしました。どうせ造るなら少しでも働く人の意見を反映する。また地域貢献できる対応とする。さらには人手不足が予想されるので,導線を意識した効率よい厨房を造るということをめざします。第1回の会合では主旨説明とそれぞれが抱える課題について整理してみました。

大きな課題のうちに「エネルギー」があります。電化なのかガスなのかといった議論です。おりしも北海道で大きな地震がありました。一番大変だったのは「停電」でした。大量調理が必要な福祉施設や病院は対応に困ったようです。

 大雨は降るし,台風は大きいし,地面は地震で大きく揺れる・・・もういかなる時に何がおきるか想定できない自然災害の脅威がいつもある時代になりました。災害の結果,避難や停電時についての対応が重要視されています。少しずつ年内に議論を進めてまとめたいと考えます。