FC2ブログ

50年ぶりの階段

 忙しい中,いつしか7月も下旬を迎えました。お盆が近づいてきましたのでお参りを始めました。ある初めてのお家を訪問しました。「お寺さんへ 仏壇は2階です。階段を上がって左側の部屋です」と張り紙があります。その階段を見た瞬間・・・思い出しました。それは私が通った保育園の階段です。実は噂には聞いていましたが,その建物は移築されたものだったのです。私が通った保育園は小学校の端っこにあり,1階は小学校の宿泊施設でした。ですから保育園には階段を上がる必要がありました。なぜか登る感じで思い出しました。踊り場があり90度ずつ曲がって登ります。解体後持ち帰られ,自宅にされたと聞いていました。柱にはラインがあり,子どもの字があります。それにしても50後に再びあのときの建物を見ることができるとは?感激でした。

日本人のいないお店

 全く個人的な都合で身内の不幸のため,横浜へ行くことがありました。なかなかの大都市ですが特徴があり素敵な街です。ちなみに私の母親の生まれた街です。夜遅くに到着しフロントで紹介されたラーメン屋さんに行って帰りにコンビニによりました。「いらっしゃいませ!」という元気な声に視線が店員に向かいます。なるほど一目で日本人でないことがわかります。インド系の方でしょうか!というより全員インド系ですね。3名の店員全員日本人ではありません。私の知り合いの話では店長さえも日本人でなくて良くて,片言の日本語でも募集はあるとか。その言葉を目の当たりにする感じです。

 先日も人材派遣会社の営業でベトナム人の話がありました。すでに現実的ですが,サービス業では明らかに進んでいます。

 「おつり\650です。ありがとうございました!」

少し肌の色が違うだけでなんら問題の無い対応でした。働き手が極端に減っていく日本ではこの風景が普通になるんでしょうね。

山中鹿之助「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」

山中鹿之助(1545815??1578820)という戦国の武将がおりました。戦国時代から安土桃山時代にかけての尼子氏家臣です。尼子十勇士の筆頭で尼子家再興のために願わくば、我に七難八苦を与えたまえ三日月に祈った逸話で有名です。長男とされる山中幸元(鴻池新六)は父の死後、武士を廃して摂津国川辺郡鴻池村(現・兵庫県伊丹市)で酒造業を始めて財をなし、のちに大坂に移住して江戸時代以降の豪商鴻池財閥の始祖となったことも知られています。大手ゼネコン「鴻池組」の始まりです。実は私が生まれ育った,現在も生活する「徳雲寺」には山中鹿之助のお墓があります。といいましても鹿之助の墓はあちこちにあります。この徳雲寺にあるものは「首塚」と伝わります。家来が掘って持ち帰ったという伝えです。徳雲寺は実際最後の尼子の殿様,尼子勝久が育ったお寺となっています。ですから縁は深いわけです。

ところが伝え聞くだけで私たちは史実を見たわけではありません。しかしながら,いまでも多くの人がこっそりとお参りにやってきます。定期的にお参りになる方,噂を聞いてやってくる方様ざまです。あるとき電話がありました。

「私は山陰のものですが,山中鹿之助のお墓ありますよね。家来の墓もあるはずですが,名前がわかりますか?」

「お墓はひっそりと住職の世代墓の脇にあります。確かに二基ありますが,家来の方の名前はわかりかねますね」

「そうでしょう!名前は証せなかったはずです・・・」

家来の子孫の方でしょうか。たしかに不思議な雰囲気の寂しいながら,存在感のあるお墓があります。

先日も時間の都合で昼間にお寺に帰りましたら,女性が3名お参りです。どうも歴女かなにかわかりませんが,山中鹿之助のお墓にお参りでした。あちらこちらに存在するお墓の中で一番霊感を感じるとか?!そこはまったくそういったものを感じる能力の無い私には理解できませんが,死後450経過しても人となりを慕われているとすれば,なんと幸せなことですね。それにしても我に七難八苦を与えたまえ“の台詞はインパクトがあります。すごいですね。なかなか言えません。鹿之助とそのお参りされる方には頭が下がります。お時間のある方はどうぞお参りください。ただしご案内しないとわかりにくい場所にあります。たしかになんとも言えない雰囲気の場所です。

 

ぽんぽこ山 7月14日

 今年も714日NPOやわた創生プロジェクトが主催する「ぽんぽこ山夕涼み会」が開催されました。小規模保育所として再生して14ヶ月一応無事運営できています。関係者とお客様をお招きして150の参加で暑い夏の夜を楽しく過ごすイベントです。たこ焼き・焼き鳥等の焼き物・ポップコーン・おでん・大山おこわ・おもちゃ・お菓子・ドリンク類・ソーメン等を用意してお迎えしました。アトラクションは歌のお客様とどじょうすくいです。

 子どもたちは元気に自分たちの役目を果たし,周囲の大人たちが見守りながら育っていきます。暑い夏です。この広島の山の奥でもこの暑さです。どんな夏になるのか,はたしてもう災害はないのか,静かで穏やかに過ごせることを希望します。

 周囲から賑やかな集まりを眺めながら,かつて何度も経験した「納涼祭」を思い出しながら暑い夏を乗り切りたいと思いました。

 

土用の丑の日

 駐車中の自家用車に乗り,エンジンをかけると外気温「43度!?」と驚きの数字です。7月にして40度近い気温を全国的に記録しています。はたしてどんな猛暑になるのか,もう想像できません。豪雨による被災者及び被災地での支援活動には厳しい状況です。

 「暑さ」というと,この時期土用の丑の日が話題になりますが,2018年は720日と81日です。ウナギさえ食べる元気があるのか心配ですが。それでも山の中の朝は違います。昼間はどこも同じで,本部東寿園まで歩く2~300mさえも川沿いの道が地面から熱さが伝わってきますが,朝は涼しいですね。特に早朝は気温20程度ですから快適なものです。やはりこの快適さは失いたくないものです。