FC2ブログ

夏休み~すてきな時間~

 いつしか梅雨が明け、気がついたら夏休みです。恒例の事業所周りでも朝から「放課後児童クラブ」は賑やかに中も外も遊んでいます。外ではサッカーボール、中では宿題等に取り組んでいます。梅雨の頃は「早く明けないかうっとうしい」と思っていましたが、いあざ梅雨明けで、例年のように一気に暑くなると「長い梅雨もいいな」などと勝手に思います。欧米も40度を超える国があり、ある国のTVでは長時間冬の雪景色を流しているとか。気分だけでも涼しそうです。

思い出すに夏休みは臨海学校。クラブ活動、合宿など思い出もあります。素敵な風景は多くあります。妻の実家が東北ですので、よくこの夏休みの初めに遊びに行きました。往復自家用車でしたり、飛行機や新幹線も使いました。行くとあちこちの温泉を巡り、蕎麦を楽しみました。少しでも涼しいと感激し、眺めが良いと目を見張りました。それもみんな元気で子どもたちがいたからだと思います。「何気ない日常が続くのが幸せの実態です」とだれかの言葉を思い出します。多くの人に素敵な思い出が多い夏休みになりますように。

 

一期一会の日々

 ある若い障害者が亡くなった。突然の訃報でした。私はその方と一度しか遭っていないように覚えています。その一度は6月の「6丁目の集い」でした。以前にも説明しましたが、障害などなんらかのハンデを背負いながらも就業していたり、福祉作業所に通ったりしている人たちが集まり、自分たちでも食事作りに参加して交流して帰る毎月第2曜日のイベントです。その方は話には聴いていましたが明るく素敵な方でした。「作業所に来ているんですよね」と話しかけると、ご自分でも「ずっと以前にも福祉作業所に通っていたので、久しぶりにまた来ています」と明るく話されました。その日も「たこ焼き」と「カレーライス」をメインに準備して楽しく話しながらの昼食会となりました。 その方は病気もあり事情もありしばらく姿を見せなかったようですが、また体調を見ながらの利用でした。持病もあり体調を崩し、入院してしばらくして亡くたようです。「あのときが最期」「あのとき・・・」と思いかえしながら過ごします。それでもその最期が笑顔で楽しい時間であったことに救われます。ご冥福をお祈りいたします。またどうぞ一度一度が大事な場面と思いながら大事にしたいと改めて思います。



不在者投票 

 参議院通常選挙の不在者投票を実施しました。18日です。事前に希望者を募りましたが70名の入居者と短期入所ご利用者26名が当日おられるはずですが、希望者は12。法人監事さんに立会人をお願いして10時より始めましたが、なんと1時間は充分かかりました。なにしろ参議院の選挙方法がわかりにくい!理解できないですね。まず広島県選出の候補、そして比例代表の候補名か政党名ですが・・・ここがわかりにくいですね。実際投票はされましたが、無効票もあるかもしれません。ご利用者の状況も以前とは大きく変わっていますが、選挙方法も複雑になり余計に難しいですね。

 自分も投票忘れていました。慌てて「期日前投票」に行きました。

不毛国同士のけんか

 昔からお隣り同士はあまり仲良くないのが事実のようです。これが国同士ともなると難しいですね。日本の輸出の事実上の規制は、どうなることか。ほぼアメリカのやり方と同じようにも見えます。心情的には理解できますが・・・。韓国も生き残るために必死です。

 そもそも「国交正常化」という言葉を耳にしてきましたが、国と国の関係では行き来があるのが“正常”です。かつて中国との国交正常化は子どもの頃の記憶で、あの田中角栄首相が中国へ行き北京の空港で、周恩来首相と飛行機から降りて堅い握手を交わしたシーンを思い出します。信頼を築くには長い年月がかかりますが、損なうのは一瞬です。今回の騒動で先人の苦労が泡になったように思います。うまくやるには過去のことを持ち出したり、仕返しをしていたのではいつまでたっても未来が見えません。これは友達関係と同じです。ここからが難しいのですが・・・・はたしてどのように舵を切るのか。


中学校の授業参観

 地元中学校の評価委員会・評議員会に出席しました。午後のすべての授業を少しずつ

参観して回りました。まじめに静かに授業が進んでいます。時には少人数に分かれながら理解度に合わせた授業もあり、工夫が随所に見れました。面白かったのは書道です。よく見ると生徒は四文字熟語に取り組んでいます。「納税義務」「納税申告」「自動車税」「電子申告」・・・どうも税務署の指導と意向が反映されています。それにしても熟語の意味が異なりますね。私たちの時代にはなかったですね。ユニークな風景でした。

 評価制度はかなり進化しているという感想でした。