FC2ブログ

そうか!しまったバレンタインデイ

 ある知り合いの方が来られ、手土産に「バレンタインチョコ」をいただいた。そうか!うかつでした。私は「恵方巻き」ばかりをマークしていました。もうそんな季節です。いっとき施設ではバレンタインチョコを禁止していました。正直いただくのは「うれしい」のです。嫌われていてはもらえません。それはたとえ「義理」でも・・・しかしながら怖いのはお返しです。なにしろ男性より女性の多い職場です。昨今は1個ずつメモしておかないと失礼なことになりそうです。3月のホワイトデイが悩ましいのです。まあ勝手ということですけど。考えようではパワハラにつながるともいえます。そこで一時はバレンタインデーに従業員の間でチョコレートのやり取りを禁止したこともありました。ところがそう規則のようにうまくはいきません。こんな記事がありました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  衝撃の調査がある。男性社員が女性社員に義理チョコを要求するのはパワハラだと思うかという質問に対し、実に4割近くの人がパワハラだと思うと回答。会社での義理チョコは職場の潤滑油どころか、むしろパワハラと捉えかねられない時代なのか…。

 実際に職場での義理チョコを禁止しているという会社を訪ねた。上司に渡さなければならないといったプレッシャーを取り除くため一部の部署で6年前にやめて以来、今や全社的に禁止にしたそうだが、社交辞令的な需要が減っていることも影響したのか、バレンタインデーの市場規模が2年連続で縮小しているという調査も。
 バレンタインデー商戦に逆風が吹き荒れるなか、百貨店各社が生き残りをかけた秘策は、もはや人に贈るチョコを買うのではなく、自分がその場で食べるイベントにシフト。伊勢丹新宿店もその場で食べるイートインに力を入れていて、ハート形のアイスバーや珍しいチョコレート味のソーダなどが味わえる。義理チョコや友チョコに続くイートインチョコはバレンタインの新たな定番となるのだろうか。


 やはり困っている会社は多いですね。かし「パワハラ」とは困りましたね。売り上げは減少しているんですね。まあここまでメジャーになれば当然限界もあります。もらってもあげてもかえしても課題は多い風習です。


不祥事も理念の徹底から

東京で行われた研修に参加しました。「広報マネジメント」に関するものです。広報も日頃から報道関係と良好な関係だと無料の広告となります。以前あった0157道でもイオンのように毎週情報提供していると事実のみ伝えられますが、後日保健所の扱いの誤りであったケースでも、結果ダメージは少なくてすんだようです。逆に対応のまずかった例として「焼き肉えいびすや」「ミートホープ」「雪印」「船場吉兆」「東横イン」等あげられました。その結果として、イメージとして大きなダメージを受けました。

予想では研修で広報のあり方を教わると勝手に思っていましたが、講師の視点は1ランク違い、すべては法人が持つ理念の徹底から始まると話されなんとも説得力がありました。理念さえ一人ひとりが理解できていれば、間違いは起こらないと・・・よく研修で伺う某有名な法人の理事長は地元の名士という立場を理解され常に振る舞いに気をつけておられるという話は印象的でした。

少し変わった話では千葉の「いすみ鉄道」のムーミンのラッピングは発想の転換から成功した事例です。なんとか地元に愛され経営されていた鉄道会社に鉄男と鉄子が集まる場所となりま。発想ですね。勉強になりました。

驚くべき雪となりました。

朝食の時間に市内放送が入りました。「庄原市に・・・大雪警報が・・発令されました・・」という緊張感のない声が流れます。上空-36にもなる大寒波だそうです。外は珍しく雪景色です。さてそんな大雪になるのか・・・と思いながら雪道を珍しく出勤します。ところが・・・午前中からしんしんと降ります。なにしろ警報ですから関係者が集まり、周辺部の様子と送迎について確認します。「積雪があることを意識して運転する」「無理しない」「場合によっては早めにお送りする」といった確認です。

  その後も雪は溶けるどころか降り続きます。明るいうちから降るときは積もるものです。なんと今年は降らないと思っていただけに「大寒」を過ぎての大雪です。先日は降らないななどとつぶやいていただけに・・・

 ニュースでは青森県酸ヶ湯温泉343とか。さすがに違いますね。

大寒です!

 

朝出かけるとき自家用車のエンジンをかけたら同時にナビゲーションがご挨拶してくれます。

 今年は120は暦の上での「大寒」でした。少し朝から雨模様でしたがいくらも降っていないように感じます。さてこんなに雪が降らず暖かい大寒は初めてではないでしょうか。もちろん全国的には東北や北陸では大雪が降っているようですが・・・このままいくと夏場にまた大雨が来るかと思いますが。

 「きょうは120日、タマノコシの日です」

“えっ!きょうは大寒じゃないの?!タマノコシ?って”玉の輿“?!”なんのことやら少し理解できません。そこで調べてみます。


======================================

120日は1905(明治38)年のこの日、アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥、ジョージ・モルガンが祇園の芸妓・お雪を見初め、結婚した。お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれた。

======================================


とか。つまり明治の女性がアメリカと金持ちに見初められて結婚したということのようです。ちっとも知りませんでした。大寒は20日とは決まってません。120日はそうです。「玉の輿」の日です。




私が明日死ぬとしたら

  ある本を読みました。アメリカの高齢者に亡くなる前に人生思い残すことがないか尋ねると、9割の人が「もう少し冒険しておけば良かった」と答えたそうです。少し冷静に捉えてみると、必ず人はいずれ死に至ります。私たちも人生の最後を迎えると、「ほぼ満足だけど、もう少しやりたいことを思い切りやれば良かった」と想うんではないかと想います。

 個人的には同級生も亡くなったり、病気になったりしています。元気でいることが以下に大事かを実感する日々です。先日も法事に同級生が来る予定でしたが、「心筋梗塞」で入院した退院直後なので、大事を取って姿を見せませんでした。できることはやっておきたいと思うこの頃です。


「人間の寿命というのは,あなたが使える時間のこと。」(日野原重明)

 

「なんでも思い切ってやってみろよ。どっちに転んだって,人間,野辺の石ころと一緒。最後は骨となって一生終えるのだから。だから思い切ってやってみろよ」(坂本龍馬)