FC2ブログ

夏休み~必要な時間~

 夏休みと言えば大学生や大学院生の時代のことも鮮明です。「合宿」とか称して河口湖湖畔に泊まり、朝からゼミをやっていました。夜は宴会です。大学院生の頃も長野県白骨温泉に行ったのを覚えています。涼しくて夜は賑やかで・・・その頃は学校や大学教員は素敵に見えました。なにしろ休みが長期ですから、大学など7月から9月までです。あくせく働く、特に時給で働くたちから見たらいい仕事に見えたものだと思います。

でも実際は甘くなんかありません。学校先生には夏休みは重要な研修期間なのです。研修には準備期間も長く必要です。大学教員にも重要な学会が開催される時期です。当然発表など成果が求められます。大変なプレッシャーです。本業である私たち僧侶にとっても大事な時季です。「お盆」がやってきます。暑い暑い中、「棚経」というお檀家周りという1軒ずつお参りする苦行が待っています。そして各お寺での「施食法要」です。どんなに風通し良く薄着にしても重ねる着物系は真夏には向きません。「火炎地獄」と思えることもある苦行も一言です。

 


該当の記事は見つかりませんでした。