FC2ブログ

田舎道の必要度

 急なことで出張ができず休みとなりました。急ですから余り時間もなくある温泉へ向かいました。山の中からの帰り道ナビゲーションで検索すると、意外な道が見つかります。少し不安ですが近いので通ってみることとしました。距離は35㎞。場所は岡山県です。その道を通って帰るには鳥取県に入り、その後広島県に戻ります。まさに県境の町に住む私たちです。県道を通り、広域農道を通り、最後国道を通ります。山の中には近年、「広域農道」というなんだか広い道があちこちに完成しています。簡単に説明すると、深く高い山の中にトンネルを通してできています。案内にしたがって岡山県から鳥取県に入り、広島県に入りましたが、気づいたことがあります。対向車に1台も遭わないではありませんか。夕方6時前後ですが自宅付近の国道まで帰って対向車に10台ほど出逢いました。道が広いのは良いのですが、昨年の大雨でか道が痛んでいます。私たちにとっては便利は良いのですが・・・しかし、将来の道の管理も含めこんなに多く造ってよいのでしょうか。考えさせられます。季節も良く気持ちの良いドライブでした。


該当の記事は見つかりませんでした。