FC2ブログ

中村元記念館

 もう初冬の風が漂う11月下旬,弱いながらも穏やかな日差しの中、はじめて「中村元記念館」を訪ねた。いつか行ってみたいとは思っていましたが島根県松江市八束町の大根島へ行った際,八束支所に記念館はあります。ちなみに「中村元」とは

中村 元(なかむら はじめ、1912大正元年)11月28 - 1999平成11年)10月10)。日本インド哲学者、仏教学者東京大学名誉教授日本学士院会員。勲一等瑞宝章文化勲章紫綬褒章受章2012 (平成24) (以下 記念館ホームページより一部引用)インド思想と仏教学の世界的権威で、日本において比較思想という新しい学問分野の開拓者。インド哲学・仏教学の研究を出発点とし、日本の学問におけるセクショナリズムの壁を超えて、世界中の思想を比較研究する学問の道を示す。論文・著作は1500点を数え、今なお世界中の研究者に影響を与え続けています。大正元年(1912年)1128日、島根県松江市の殿町で生まれ,中村家は松江藩に仕えた武家の出で、かつては松江市奥谷町にその屋敷がありました。生後まもなく家庭の事情で東京へ移りましたが、生涯を通して松江を愛して、贈答の品には、松江の和菓子を買って贈っていたそうです。平成元年には東洋思想の研究が認められ、松江市名誉市民の称号を贈られました。20121010日、生誕100年を記念して、松江市八束町に中村元記念館が開設されました。

 さすがに行政機関に併設ですので入場料無料です。中村元博士の多くの蔵書を寄贈され,私には懐かしい書籍も多くありました。展示室には書斎が再現され,自筆原稿も展示されています。佛教学を少しでも志した方なら,いかに偉大な方であるかを知っている人は多いと思います。インドはもとよりアジアの各国から尊敬されていました。私たちが大学で愛用した『佛教語大辞典』の著者です(もっとも辞書は一人では編集できませんから通常スタッフが多くいます。私たちもそんなバイトしてました)。松江市において,博士のその偉大さに触れることができるとは思いませんでした。感動です。学者は世に多くいますが,総合的に世界規模で思想体系を語れる大学者はそうはいません。

 私はかつて本物の中村元博士にお会いしたことがあります。記憶が正しければそれは1986年か1987年であったと思います。東京の本駒込の吉祥寺において,お招きした会合に足を運んでいただき,お話しいただきました。記念館の動画の先生は確かにご本人です。それにしても小学校や高校の「通知表」まで展示されていました。偉くなると何でも価値があります・・・・。

【読者プレゼント】

記念館の廊下には博道(ながたにひろみち)画家 の「インド仏蹟巡拝旅行」なるイラスト絵葉書が展示され配布されていました。素敵なイラストです。もしこのブログをごらんになり,お声かけいただけば先着10名様にお好きな絵葉書を進呈します。

 

該当の記事は見つかりませんでした。