FC2ブログ

東城中学校評議員・評価委員会

 地元の東城中学校の会議に参加しました。毎年2~3回程度会議があります。ちなみに私は学校評議員です。午後からの会議で集合後、まず授業参観です。校長先生の案内で一通り見て回ります。明るく先生が進め,積極的に発言する子どもたち。あえて少人数に分かれて細かい指導に心がける数学。先生が自ら画像のモデルとなって理解を高める技術。実験を関心を持てるように進められる理科。子どもの状態に合わせて進める特別支援学級。随所に工夫が見られました。参観後の説明では下校時の全教員による送りやホームページ更新のお知らせ,廊下などへの多くの掲示。さらには学校評価項目のシンプル化などもに工夫があります。

私個人的には10年余り学校に出入りしますが,学校自体は静かで落ち着いています。かつてのような様々な問題は見えません。しかしながら説明の中でもありましたが,SNSの普及により集まることなくとも情報が流れ,つながりはなくなることがありません。このSNSの利用については言われている以上に積極的なとらえ方を避けられなくなりそうです。会議では様々な懸念や意見が出されました。小学校,高校などとの連携,地域から見える学校など見方も違います。それにしても学校長は2~3年で異動されます。校長先生により学校運営や教育方針に個性があります。良い意味で変わることは多いと思いますが,失われることもあるはずです。残念ながら失われた内容は思い出せませんね。不思議です。

翌日夕方街中を通ると,PTAを中心とした定例のパトロールの姿が見えました。お疲れ様です。パトロールも長く続きますね。大事なことです。

該当の記事は見つかりませんでした。