FC2ブログ

バレンタインデー~太田裕美~

 2月14日を迎えました。毎年のことながら,「バレンタイン,もらうはうれし,かえすとも」といったところです。そもそも「バレンタインデー」の歴史は、

ローマ帝国の時代にさかのぼります。ローマでは2月14は女神・ユーノーの祝日で,すべての神々の女王であり、家庭と結婚の神でもあった女神です。2月15は豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日で,前日の14日、娘たちはに名前を書いた札を桶の中に入れることになっていたという。翌日、男たちは桶から札を1枚ひき,ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められ,多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち結婚したといいます。

ローマ帝国皇帝クラウディウス2は、愛する人を残した兵士がいると士気が下がるという理由で婚姻を禁止した。司祭だったバレンタインは、嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、噂が皇帝の耳に入り,そのような行為をしないよう命令したが,バレンタインは毅然として屈しなかったため、彼は処刑されたとされる。彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である214日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論。

 先頃は「愛の告白」のためのチョコから友チョコになっているとか,お菓子業者の意欲はたくましく「ホワイトデー」まで考える始末。どこまでも振り回される私たちです。チョコレートを送る行為のどこにもキリスト教やバレンタインのかけらもないように見えます。

 私も高校生の頃を思い出します。「もらった」とか「もらえなかった」とか。「大きかった」とか「割れていた」とか騒いでいました。いまも同じなのでしょうか?真夜中に郷愁にふけっているとなぜか,国生さゆりでなく太田裕美の「君と歩いた青春」を思い出しました。特にファンでもありませんでしたが・・・

該当の記事は見つかりませんでした。