りんご狩りが実現しました。

 今年も3回計画されています。備北地域在職者交流会の第2回が開催されました。障がいを抱えながらも就労をしている人たちの集まりです。特に大きな目的はありませんが,交流を通してお互いが元気になれればよいかと思います。また支援する側から見ると,見方を変えながら状況を知ることができます。しかしながらこれまでの意見を取り入れて研修ばかりでなく,楽しいことをという計らいから「りんご狩り」となりました。りんごと言えば東城地域では小奴可です。「森下りんご園」さんの協力を得ての計画です。朝から関係者が集まっておにぎり作りとお昼の豚汁の下ごしらえです。お昼前にりんご園に向かって出発!美味しそうな赤い実のりんご畑を見ながら進みます。森の中に森下りんご園はありました。たしか1度りんご狩りに来たことがあります。

 昼食前にりんご狩りです。そうです私たちは豚汁を食べに来たのではありません。りんご狩りです。りんご畑へ向かいました。総勢20の団体です。りんごの種類の説明を受け,ナイフを手に向かいます。食べられる種類は4種類ありました。やはりよく見ると違いますね。今年は台風が来ましたが,比較的被害がなかったようです。食べ放題と言っても2個が限界ですね。話によると過去に8個食べた方がいたそうです。

その後,豚汁と形がいろいろのおにぎりをいただき私は一足先に次の仕事に向かいました。本来ですと9月の終わりに家族会でりんご狩りを予定していましたが,台風で中止となっただけに秋らしい1日となりました。

りんご園の駐車場に「拓魂碑」なるものがありました。昭和2119歳でこの地に入り開墾して,礎を築かれた先代の功績が称えられていました。当時はかなりの山の中ですから,きっと苦労されたんでしょうね。

該当の記事は見つかりませんでした。