FC2ブログ

人生100年時代構想

 今年も敬老の日を迎えました。ある報道を引用しますと,

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

厚生労働省は15日、100歳以上の高齢者が全国に6万7824人いると発表した。前年から2132人増え、47年連続の増加。今年度中に100歳になる人も3万2097人と過去最多だった。同省によると、国内最高齢は鹿児島県喜界町の田島ナビさんで117歳。男性の最高齢は北海道足寄町の野中正造さんで112歳。老人福祉法は9月15日を「老人の日」と定め、厚労省は毎年この時期に100歳以上の人口をまとめている。住民基本台帳に基づき、15日時点で100歳以上となる高齢者の数を1日現在で集計。大半は女性で、5万9627人と87.9%を占めた。100歳以上の人数を都道府県別にみると、東京が最多の5835人で、神奈川3737人、大阪3559人と続いた。国はお祝い状と記念品として「銀杯」を贈る。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ということで18日東寿園におきまして「川西自治振興区」とともに敬老会を開きました。100歳以上の方は6名です。ちなみに最高齢は105です。今回は「1日園長」に警察署長をお招きしました。施設見学から書類整理まで「園長」の業務をこなしながら,式典に向かいます。式典に続く祝宴では,余興に津軽三味線とサックス演奏がありました。100歳以上の方も庄原市の人口の2倍程度おられ,けして珍しくなくなりました。

 先頃現政権が「人生100年時代構想」なるものを掲げました。もうだれもが100歳まで生きる可能性があります。そうなりますと,定年から40年もありますから計画性が必要です。働くこと40年,その後40年ということになります。最初からその予定があると,考え方が変わりますね。ひとまず敬老の日おめでとうございます。

該当の記事は見つかりませんでした。