FC2ブログ

PM2.5

 師走の薄暗くなった東京に着いた。明朝の朝からの会議に備えて上京。正面に夕暮れの東京タワーを眺めながら宿泊先に向かう。街角の交差点の立ち飲み屋さんが賑やかだ。「ほうもうそんな時間か?」と思いながら,腕時計に目をやると`4:45`!そうか東京はこの時期4時半にはもう暗いんだった。それにしても飲み屋は楽しそうだ。
そう思いながら空を見上げると少し曇り空。そういえば今朝もテレビで見た北京の空はどんよりと視界が悪く,まことに不健康な感じ。マスク姿とPM2.5が舞っているとか。明日には北日本に届くとか。それにしても日本の空は東京でもというと失礼ですがキレイです。昔,私の学友であった韓国人の友人が「日本に来ると空気がきれい。少し魚の臭いがする」と話していたのを思い出します。ちなみに「PM2.5」について調べてみると,
「粒子状物質のうち、粒径が2.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下のもの。微小粒子状物質という呼び方もある。ディーゼル車などから直接排出される「1次粒子」と、大気中での光化学反応などによって、窒素酸化物などのガス成分から作られる「2次粒子」に分類される。粒が小さいため肺の奥深くまで入り込みやすく、ぜんそくや肺がんなどのほか、不整脈や心臓発作、花粉症など循環器への影響も指摘されている。」(知恵蔵miniより)
とあります。私たちの子どもの頃の「光化学スモッグ」や「四日市喘息」を思い出します。早く環境技術が追いついていくことを願います。

該当の記事は見つかりませんでした。