「恋人が欲しくない!」

政府は6月22日,2015年版の「少子化社会対策白書」を決定しました。内閣府が20歳代と30歳代の男女を対象に実施した結婚に関する意識調査の結果によると,未婚で恋人がいない男女に「恋人が欲しいか」尋ねたところ、「欲しい」は60.8%、「欲しくない」は37・6%。調査は全国の20~39歳の男女7000人を対象に、14年12月~15年1月にインターネットと郵送で実施。有効回答率は37.8%。未婚で恋人がいないと答えた人の割合は男女全体で28.8%。このうち「欲しくない」と答えた人を性別にみると、女性39.1%、男性36.2%と女性の方が高かった。また、男女とも収入が低い人ほど恋人を求めていない傾向が表れたようです。
 欲しくない理由を複数回答で聞いたところ、男女全体で最も多かったのは「恋愛が面倒だから」46.2%で、「自分の趣味に力を入れたい」45.1%、「仕事や勉強に力を入れたい」32.9%と続いたとのことです。
こうなると`恋愛`もできる人はそういう業のスキルを持ち合わせた人となりますね。ますます初婚年齢の平均が上がりますね。たしかに「結婚」が幸せかというと,正直・・・保証はありません。むしろ苦しさが残りますね。離婚歴のある方と話しますが,ほぼ皆さん「もう絶対再婚はしません!」と断言する人が多いと感じます。結婚はともかくも「恋人」くらいは必要かと思いますが,最近は旅行も同性同士が気が楽とか。「恋愛が面倒」となると,どうやって結婚するきっかけもなくなりますね。日本はどうなる??

該当の記事は見つかりませんでした。