FC2ブログ

天皇即位式

 令和の天皇の即位式が行われました。厳かにそして華やかな雰囲気に包まれました。191という世界の国や地域から代表がお祝いに集まり、世界的にもかなり貴重な雰囲気です。平成以上に不安定な時代に国の象徴を担うことは大きなお役目です。「国民に寄り添う」という言葉を使われましたが、世界に向けた強い決意のこととご想像申し上げます。

  いまさらながら、かつて小学校や中学校の頃「天皇制反対」などと教育の場でストライキをしながら育てていただいた私たちの教育環境とはなんだったのか、かなり偏った考えに基づくものであったと後で気づくことになりますが、その頃の各先生方はどのような面持ちでおられるのかと思います。余計なことです。

  以前皇太子夫の頃、施設にお見えになったことがあります。もちろん遊びになど来られませんので厳重なる警備ですが・・・あのような生活をずっと続けることは想像を絶するものです。宮内庁をはじめ周りのスタッフの気遣いも並大抵ではありません。どうぞ穏やかな時代になりますことを祈念します。




ラグビー善戦 世界のスポーツ

 ラグビー日本のサクラジャージの活躍は記憶に新しいところで、すでに気分はワールドカップは終わっていますがまだ熱戦が続いています。久しぶりにTVの視聴率が上がったのではないでしょうか。それにしても盛り上がりました。にわかファンであふれました。これほど地方でも1試合が行われるだけですが、誘致した街は盛り上がりました。
 かつて、野球WBC→サッカーワールドカップ→ソフトボール→なでしこジャパン→バドミントン・・・とにわかファンは移動してきました。それなりに面白く見せてもらい活躍に感謝したい思いです。
 少し感じたのはやはり選手のインタビュー等におけるクレバーさが目につきました。その業界の雰囲気を表しています。世界的に見ると「ラグビー」は特に流行っているわけではありません。それでもランキングでは100位以上まであります。そうしてみると1桁の日本は強いわけです。世界的には競技人口はバスケットボールバレーボール、卓球、クリケットあたりが多いようです。野球やラブビーは漸くベスト10あたりです。「クリケット」?は日本ではなじみがないのですが、インドやアジア各地で流行っています。さて次の話題の競技は何になりますか?






やってしまった白いシャツ

 出張で広島へ出かけました。移動時間約2時間です。以前ほど出かけないので早めに出ます。事務所でコーヒーを挽きカップのまま車に持ち込みます。余裕でコーヒーを味わいながら高速道路を疾走しようという計画です。天候はまずまず晴天です。快走しながら広島へ向かいます。途中コーヒーを口に当てます。少し違和感?!あっカップと蓋が合ってない!と気づいた瞬間・・・ドバ!と喉元に流れます。というかワイシャツが白い・・・よく見るとワイシャツが白いワイシャツがぬれています。まずい!また特別濃いコーヒーでした。それだけに困った!

 あわてて三次インターチェンジで降りて・・・ユニクロへ。開店と同時にワイシャツ1枚購入です。そのまま着替えて研修先へ向かいます。ユニクロ便利ですね。ちなみに白いワイシャツはきれいになりました。



岡山観光

所用で岡山市の中心部へ行くことがありました。夕方でしたのでそのまま宿泊して観光することにしました。隣の県ですが宿泊することはめったありません。中心部のホテルを予約し、岡山駅周辺へ出かけました。少し天候が悪く人出が少なかったのかもしれません。さて、居酒屋等探すこと15分、気づいたのは「」が多いことです。魚でなく鳥です。「焼き鳥」「炉端焼き」・・・小さなお店に入りました。なかなか安いながら楽しめました。満足。

翌日少し観光を・・・朝ご飯に“コメダコーヒー”に入ります。全国近くでは福山にもありますが、本場名古屋以外入ったことがありません。あの小倉トーストのコメダです。見ていると、高齢者の方が次々と駐車場に入ってきます。大人気です。みなさん軽自動車あるいは自慢の高級車で乗り付け、ユニクロ風の出で立ちで朝食をめざしてやってきます。コメダはお年寄りの楽園です。なんとモーニングでは飲み物にトーストが半分無料でついています。そういうことか?納得!その後、噂に聞く西大寺に行ってみました。裸踊りで有名です。建物は大きく立派な造りですが意外と狭いです。多重塔があります。

その後,帰路に総社に寄り少し買い物をして、五重の塔が立派に見える国分寺へ行きました。古いながらよく整備され、少し寺院建築のあり方にヒントをもらった感じです。石造りの舗装でしたが非常に歩いていて足の裏が気持ちよかったですね。気づいたことですが、以外と観光資源が少ないですね。市内には岡山城や後楽園があますが、そう何度も訪れることはないですね。また市街地が狭いですね。繁華街が少ない感じです。JRが多く乗り入れている政令都市ですので高架が多いです。でも食べ物は安くおいしかったですし、農産物は広島の比ではなく豊富です。知らないことが多いです。近くにも出かけましょう。

 

 


消えていく宗教法人!

衝撃的な新聞記事を見た。107中国新聞1面に「過去10年間で中国地方で、統合及び廃止となった宗教法人が91法人ある」という内容です。現実問題、住職がいない「無住」や「檀家減少」という大問題が予想以上に進行しています。実感ですね。宗教法人と言ってもとんでもなく大きな物から祠のような小さな物も存在します。一概には言えませんがここではほぼお寺のようです。

庄原市東城町にも大小お寺が21存在しています。実際住職がいないお寺が13以上です。将来的な予想では半数が無住になりそうです。その結果、兼務や統合という方向になればまだ良いのですが、最悪は廃止となります。

その昔はどこかから空いているからと派遣されてくる僧侶もありましたが、昨今の人手不足ではそんな虫の良いことはありません。檀家がいなくなると維持費も出てきません。しかしながら最近の「直葬」や「家族葬」のあり方は葬祭全体を揺るがす変化であり、簡素化と人の関係を変えていきます。この業界も他と違わず変革期になっています。




栗をもらいました。

 ある方から拾った立派な栗をいただきました。栗ご飯です。やはり食べがいがあります。早朝いつものように庭に出て散歩をしようとしたら、ほのかに臭います。庭のギンモクセイの花です。この匂いがするとキノコが採れ始めます。とうとう秋も本格的になりました。夜の放送が入りました。

 「・・・熊が出るという情報が聞かれる季節です。山に入る場合気をつけましょう!」といよいよ秋本番です。松茸が採れそうな地域ではなぜが熊が出るという情報が流れます。

 山の雰囲気も少し色が変わり始め紅葉が始まったようです。広島は県の花と木が「もみじ」です。赤いもみじ黄色い銀杏のコントラストが楽しめそうです。

関電の記者会見の緊張感

 葬儀が終わり会場を後にして、車に乗り込んでエンジンをかけたらラジオで次のように流れた。

「ただいま2時になりました。これから関西電力による記者会見が予定されています。いま社長と会長が会見場に入ってきました・・・」 

 どうも金品受領問題で記者会見のようです。NHKですのでどうもガチの生放送のようです。車で走ること約30分かけて職場へ戻ったが、その間、記者会見をまるごと聴くこととなった。ラジオですから姿は見えません。しかしながら、言葉遣い、息遣い、沈黙、言葉の選び方、話し方・・・等に微妙に緊張感が伝わります。もちろん内容的に説明している社長自体も大きく金品受領に関わっているわけで、たとえ第三者委員会の調査結果報告とはいえ、苦しい説明です。当然ながら許されたり、大目に見たりというような状況ではありませんので、価のしようもありませんが、相手の元助役さんとはどんな方だったのか?またそのお金は元々なんなのか・・・またほかの原発関係の自治体との関係は大丈夫か?など疑問は多くありますが、それはそうとして、後で聴いたところでは3時間の記者会見だったとか。私は職場駐車場に入ったところで説明が終わり、質問に変わりました。「朝日新聞ですが、結局責任にとってお辞めになるんでしょうか?」「この問題の改善策を進めていくことで責任を勤めていきたいと・・・」といったようなやりとりでした。



乳児院

このところいろいろありまして「乳児院」なるところを訪れることがありました。あまり接触の多くない場所ですが知らないことが多くあります。

「乳児院」とは、乳児(孤児)を入院させてこれを養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする児童福祉施設で、1歳未満の乳児を主に養育します。ただし、必要がある場合には小学校入学以前の幼児も養育することができるそうです。 現在、厚生労働省の調査によると、全国で136あり3千人以上が入所しているといいます。

運営は措置」ですのでいわゆる税金です。予算的に優遇されており余裕を感じます。あるところでは「生花」がなくなる事件があったと報道されたら、あるときから毎月お花が匿名で届くようになったとのこと。社会的に寄付や寄贈が多いようです。やはり子どもたちには夢があります。残念ながら生後すぐに色々な事情で預けられる子どもさんは多いようです。気になったので質問しました。「どれくらいの率で親元へ帰れるのでしょうか?」と。「約半数です。帰れない子どもたちもいるので幼児まで世話する施設が必要となりました」とも。常に社会課題に向き合うことが求められるリスクの高い福祉施設です。世間的には知られない部分が多いわけですが重要な役割を果たしている施設と理解しました。


 


「秋の気配」フォトコンテスト

 風の街みやびらでは定期的にフォトコンテストを実施しています。先日結果発表したテーマは「秋の気配」です。各部署より一枚ずつ写真が応募され、ほぼ1週間の投票期間を経て結果を展示しています。第1位は「秋桜・薫る」です。近くの牧場のアイスクリーム屋さんへ天気の良い日に出かけた写真です。秋空の青さと秋桜のピンクが鮮やかで明るい素敵な色合いの写真となりました。第2位は「中秋の名月を楽しむ」です。通所のご利用者が折った折り紙の作品です。努力の成果です。さて賞品ですが例のごとく“お選び品カタログ”です。何か役立ててください。現在本部棟入口玄関に作品展示中です。


該当の記事は見つかりませんでした。