大山供養田植え その1

 庄原市には国の無形文化財が2つあります。1つは「比婆荒神神楽」であり,もう1つが「大山供養田植」です。そして前者は東城町竹森地区であり,後者は東城町塩原地区にあります。広いひろいそれは広い庄原市において,この2つの文化財は隣り合わせの地区にあるわけです。そして,この後者の「大山供養田植」は私が住職を勤める「医王寺」と深いふかいそれは深い関係があります。

 「大山供養田植」は4年に1度現地公開することを決められています。平成30年5月28日現地公開がなされました。「供養田植」自体は珍しいものではありません。あちこちで現在も行われています。五穀豊穣畜産繁栄を願って,賑やかに開催されることはあり,観光目的で多くのお客を集めています。きれいに着飾った本物??の牛たちが並んで田んぼに入り代掻きを行い,その後,太鼓囃子にのって早乙女が田植えを行います。けして珍しい光景ではありません。

 この供養田植えが国の無形文化財になっている理由があります。本物の牛たちは神仏のお祓いとご祈祷を受けながら,清められて田へ向かうのです。つまりまことにすべての行事が宗教的なのです。これはその後の「御札納め」という行事の締めくくりに向けて一連の流れで行われます。

 つまり僧侶である私は4年に1度相手方の神主さんと顔を合わせながら,息を合わせて行事を勤めます。この地域では当たり前のことでしょうが、全国的にはかなり珍しいことのようです。実際通常の生活において神仏習合で勤めることはまずありません。ですから地元地域の方がたは,狭い地域ですのでなんとなく春や秋など年間行事において神事と仏事が重ならないように気を配っています。そういった面が希少と言えます。

 

NPOやわた創生プロジェクト総会

 私が住む東城町八幡地区には保育所と小学校,中学校がありました。人口減に伴い,平成17年より中学校が統合となりました。2年前に保育所もなくなるという事態を迎えました。そこで維持していくためにNPOを立ち上げ設置主体となり,運営を私たちの法人社会福祉法人東城有栖会が主体となり民間での「ぽんぽこ山保育園」を設立し維持に取り組みました。NPOは環境整備やイベントを担当し,また保育園のみでなく,高齢者の送迎や小学校の塾の運営などにも取り組みました。さらに地元のお米を売ったりもします。私たちの法人は保育に専念し,雇用の安定と法人が持つ多くの人材を投入することができます。

 そうこうしながら昨年より1年間小規模保育所として運営を行いました。多くの地元の方たちの手伝いと関係者の支援により無事1年を送ることができました。肝心の子どもたちも2人から最大11人まで増えました。こうしてNPO設立から約1年半,年度総会と最初の役員改選を迎えました。感慨深いところです。

さて平成30年度は子どもたちが6名からのスタートです。今年度も頑張って行く予定です。四季ごとにイベントが用意されています。すでにこの4月には「春まつり」が開催されています。楽しみな1年です。

 

施設見学です。

お世話になっております業界関係者でありますある施設の職員さんの見学がありました。建築関係者施設利用希望者の見学は多いのですが,以外と業界関係者であります施設関係者は少ないものです。その理由は,やはり建替でもしない限り,そう建物は見ても仕方ないものです。今回一番関心があったのは,「処遇改善加算」に基づく研修の進め方です。2年前より加算率がアップしたところから,内容に昇給システムや人事考課制度が求められるようになりました。そのため具体的な昇給を見据えた研修システムが必要です。実際困っている法人や事業所は多いのではないでしょうか。

私たちも苦労していますが,あるテキストを中心に研修を計画的に進めています。また昇給については,人事考課制度と連動した仕組みを構築しています。簡単に説明すると考課制度は個別の目標を定め,定期的にポイント制で評価しながら進んでいます。このやり方もすでに平成12年の介護保険制度がはじまった頃から移行していますので,長年かかってきました。今後のこの方法には細かい修正が入ります。それでもほぼこの延長線で頑張るつもりです。つまり努力は終わらないということです。

 

20才の記者会見

日本大学の学生が記者会見していました。勇気の求められる態度でした。一学生が理由はともあれ事情説明することは異例だと思います。批判を受けることは覚悟の上でしょうが実名で正直に説明しているように思えました。それにしてもどうして指導者は同席しなかったのでしょうか。教え子ですから親も同然ではないでしょうか。

たとえば私たちはどうでしょう。もし採用職員に何かあったら,やはり責任を感じることとなるはずです。ほおってはおけないと思います。

そんなことを思っていたら翌日,監督とコーチが記者会見していました。内容は真っ向から反対の意見ですから・・・やはり同席にはなりませんし,すでに意思の疎通ができない関係のようです。我が身を省みながら反省する自分でした。業務上の指示には責任が生じます。私たちも同じですし,その責任のあるところが重要な仕事です。

加害者の可能性がある日大学生ですが,彼の将来に希望が持てますよう祈ります。また怪我された関学の学生においても怪我が治り,示談が無事成り立ちますよう希望します。いろいろありますね。

2040年には1.6倍

 521日の報道で,「政府は21日、65歳以上の高齢者人口がピークを迎える2040年度時点の社会保障給付費が最大190兆円に達するとの試算結果を公表した。(略)18年度(1213000億円)の約16倍に膨らむことになる。(略)政府は消費税増税を含む「給付と負担」の見直しに向けた議論を加速させたい考えだ。2040年度時点の社会保障費の分野別の内訳は、年金が18年度の約13倍となる732000億円、医療が約17倍の667000億円、介護は約24倍の258000億円。一方、子ども・子育ては約17倍の131000億円、生活保護などは約14倍の94000億円だった」とあった。

 予想はされていますが,2040とはこれから22年後です。私たちが介護を受ける頃のことです。いまでも財源不足が言われているのに,さらに社会保障費の1.6倍は辛いですね。やはり増税は避けられないようです。しかしながら少々では間に合わなくなりそうです。そうなると中でも介護分野はいかに安価に充分にサービスを提供できるかが重要なテーマとなります。広い面積を持つ私たちの地域では難しいことが多いですね。

 庄原市でも広島県の指導のもと「介護人材確保等協議会」が設立されました。テーマは人材の確保・育成・定着ですが,関係者と各法人が協力しながら確保等に取り組んでいくことが求められています。何か大きな各仕業が必要ですね。

西城秀樹さんの悲報

 西城秀樹さんの悲報が伝えられました。いつか人は死にますが,いろいろな逸話が報道されますと,確かに西城秀樹さんにはお世話になりましたね。たとえば「ハウスバーモンドカレーだよ!リンゴとはちみつとろ~り溶けてる。ヒデキ感激!」のフレーズは子どもの頃から聞き慣れてます。カレーといったら「バーモンドカレー」というイメージです。ハウスにはさぞ貢献されたことと思います。また「」のヤングマンも高校生の頃,文化祭で確かにやってました。そう考えると,流行を先導してきたわけで,彼は明らかに文化人でした。また病気になっても不屈の精神でテレビに出続けてきたことは立派でした。

私たちは「最期まで自分らしく生きる」とよく言いますが,文化人でそこまでやりきる人はなかなかいません。その意味でも死を悼みご冥福をお祈りします。またお世話になりました。

法人内の看護師さんたち

 今年度は法人内の研修を構成化していくために,研修企画チーム参加者10名余りを募り,年度末から平成30年度の計画を考えました。幸い参加者は意欲的で毎月1回の集まりですが,大変多くの企画書が提出されました。

 その中で看護職員だけの研修会を提案しました。「施設看護職員」「感染症」「緊急対応」等のテーマについて研修を考えました。ひとまず名簿を作り参加を案内しました。法人内の各事業所には10名近く所属しているところもあれば,1人で仕事している看護師もいます。合計30名います。そのうち18名が集まりました。なんといっても顔を会わせたことがないもので,自己紹介から始まります。「名前」「所属」「就職年数」「趣味」「好きな場所」「好きな食べ物」と続きます。自己紹介の後は所属別に分かれます。保育、入所,通所の3グループでの協議に移りました。いまの仕事の難しさから課題まで確認します。

 今年度の研修は「就職3年以内」「中堅職員」「栄養士」「看護師」とテーマで「身体調和」「パソコン講座」「シーティング」「リスクマネジメント」等と計画があります。

 

常勤採用試験で感じたこと

 今年も法人が開催する「常勤採用試験」が行われました。保育4名,調理2名,介護8名の受験でした。現在社会福祉法人東城有栖会では約6割が常勤職員ですが,毎年契約職員から常勤職員への登用が行われます。条件は常勤職員としての勤務が可能であることと,有資格であることです。そのため保育士や介護福祉士,管理栄養士などの資格の取得が条件となります。午前中に2つのテーマでの作文があり,午後が個別面接です。

 面接に参加させてもらいました。多くの方はよく知っていますが,常勤職員になることをめざして就職された方もありますが,ようやく有資格になり条件を満たした方もあります。またここにきて10年目にして常勤職員になることを決断した人もあり,話しながらも感慨深いところです。

 それでもやはり長く働いていると,みなさんそれぞれの思いがあります。作文にはそのお考えが見えてきます。自分のことだけでなく,周囲の同僚についても,接し方だけでなく指導方法まで考えている人もおられ,将来が期待されます。お一人おひとりのこれからの活躍に期待したいと思います。体とメンタルを大事に長く働いていただきたいと願います。やはり作文は書いてみないとお考えがわからないですね。

花まつり

 58日は恒例に花まつりを行いました。「花まつり」とはお釈迦様の誕生を祝うおまつりです。2500年前にお生まれになったお釈迦様の誕生時の様子を飾り,甘茶を頂きながら祝います。当日は東寿園で午前中行われ,そのまま花を飾った花御堂はみやびらへ移動してのお祝いです。本来は48が誕生日です。しかしながら私たちの地域では4月はまだ寒く花が少ないため1ヶ月遅れで行ってきた経緯があります。ところが昨今今年あたりは2週間も桜が早く開花する有り様で,花が早くなりました。5月の花まつりでは少ないのではないかと心配していましたが,皆様の協力によりたくさん集まりました。ありがとうございます。

 また12日にはシルトピア油木でも花まつりを行いました。油木保育所の子どもたちも参加しての花まつりです。ここでも大変多くの花が集まり生花の絨毯ができました。やはり生の花は命を感じます。「天上天下唯我独尊」とお釈迦様は言葉にされたとかありますが,一人ひとりの命はたったひとつです。だれしも大事にされる必要があります。子どもたちの命が奪われる事件や報道には心が痛みます。花も一本一本に命があります。短い命の輝きを目に焼き付けたいと感じました。今年も良かったです。

 

振り返れば山羊

 初めてのお家で法事がありました。とはいっても地元なので参列の多くの人の顔は存じ上げています。家での読経の後は定番のお墓参りです。場所は共同墓地です。その場所は大変なつかしい私のかつての母校の跡地のとなりです。考えてみれば小学生の頃は教室の廊下から外に墓地が見えていました。考えてみればなんの不思議もありませんでしたが・・・昔と変わらないのはメタセコイヤの古代杉の大木くらいです。

 そこでお墓参りが終わり,振り返ればそこは懐かしい八幡富士とも呼ばれる「飯山」のまさに麓ですが,おや!!と気づけばそこでだれかが「山羊がおるで!」

 一瞬名前が出てきませんでしたが山羊です。山羊がいるではありませんか。もちろんつながれていますが,足下の草を食べてきれいになっています。私たちの子どもの頃以前にはよく見られた風景かもしれませんが,私たちには余りなじみのない山羊です。でもステキですね。

該当の記事は見つかりませんでした。