忖度(そんたく)とは

しばらくの間,「森友学園問題」や「加計学園問題」の報道の中で,たびたび耳にした言葉で,すでに今年の流行語大賞を取りそうな言葉の候補に「忖度(そんたく)」があります。これまであまり聞くことがありませんでしたが,その意味は「他人の気持ちを推し量ること」「推察」で,実際の使用では「相手の心を忖度する」と言います。では、「推し量る」とは「気を利かせる」という意味でしょうか?一見良いことのように思いますが,どうも「気を利かせる」ことも「だれに」「どこに」といった所が一方的に偏っていたり,一部に有利であると問題もあるようです。通常は逆に「気が利かない」と言うことの方が話題になりますが・・・

クマ出没!

 月曜日なので事業所周りです。夏の新緑の中を走ります。すると道路の脇にがいます。結構な回数猿の姿を見ますね。そういえば今日も朝からテレビで熊に襲われた話が出ています。また庄原市のチラシでもクマの出没が報道されています。先日も道路を横切るキジをひきそうになりました。イノシシも相変わらず活躍しています。猿やクマはイノシシは増えているんでしょうか?

 どうも「クマ鈴」は効かないようですよ。

梅雨前の爽やかな季節です。

 今年の夏の天気予報が流れています。「猛暑になる」という予想通りのようです。すでに30度を超える日も多く,また私の自宅では早朝など10度を割る肌寒さですが,真っ昼間は暑いですね。厳しい夏になりそうです。水不足熱中症干害ゲリラ豪雨等心配されることが多くありそうです。先日電気保安協会の定期点検の話がありました。停電付きです。そうはいっても簡単に停電してもらってはいけません。まず空調,ナースコール,パソコン,電話,トイレ,非常用設備と確認すべきことが多くあります。そこで結論ですが初夏の5月か秋の10月となりました。これからの計画ですので10となります。空調だけでも使用率が少ない月です。電気代も多い月の3分の1程度です。ひどく暑くならない夏を期待します。梅雨も来ます。適度に雨をお願いします。

介護職員処遇改善加算

先日の国会での法案の中で介護保険における自己負担額が収入にもよりますが,いよいよ3割負担がやってくるようです。まあとうとうという感じです。

さて,この春より一部介護報酬改定となりました。ご存じの方も多いと思いますが,介護保険料の単価に数%上乗せとなります。しかしながら,これには以下の条件がついています。

要件Ⅰ 「勤続年数」や「経験年数」などに応じて昇給する仕組み

要件Ⅱ 「介護福祉士」や「実務者研修修了者」などの取得に応じて昇給する仕組み

要件Ⅲ 「実技試験」や「人事評価」などの結果に基づき昇給する仕組み

要件Ⅳ 上記について、就業規則等の明確な根拠規定を書面で整備し、全介護職員に周知していることと

 

このⅠからⅣについてクリアできていないと新設の加算が取得できません。私たちの法人社会福祉法人東城有栖会では,資格別,経験年数に基づいた給与規定を整備し,評価制度や正規職員採用の試験など実施してきていますし,また職員研修等でこの取り組みについて説明していますので、結論として取得要件を満たしていると言えます。ですから取得申請しますが,これらは全額職員給与となりますので,法人が儲かるわけではありませんが,給与は増えますので良いかもしれません。しかしながら,「介護職員」のみですから,「看護職員」「介護支援専門員」「調理職員」「事務職員」等の他職種について手当されていませんので不満も出ています。今後の大きな課題となりそうです。それにしても「人事考課制度」は法人が取り入れて,17年も経過しました。いろいろ紆余曲折がありますが初めて具体的に評価されたような感じですね。 

それから来年度こそ平成30年度の医療と福祉の同時大幅改定となりますね。

家族親和会総会開く

 年に一度の家族の会の総会がありました。名称は「家族親和会」です。養護老人ホームと特別養護老人ホーム合同の家族会です。約120家族が対象ですが,参加は約40名です。毎月\2,000の会費で運営しているため総会では会計報告を事業報告とともに行います。ですから会長以下役員も多くおられます。そしてお昼はそれぞれに別れてご利用者とともにいただきます。風の街みやびらでは1丁目から4丁目まで4種類の食事を用意しました。私は役得ですからそれぞれお箸と皿を盛って回ります。まず早くできたとの話の3丁目へ向かいました。2番地です。ここは「中華」とのことでしたが,冷やし中華と春巻き等と杏仁豆腐です。もちろんごまドレッシングとポン酢ドレッシングはどちらも手作りです。なかなか・・・・次は1丁目です。1番地へ向かいました。こちらは手作りハンバーグです。おにぎりとポテトサラダもついています。そうか2日前に栄養士さんが朝からタマネギを炒めていましたね。これですか。たしかに手作りは美味しい!さらにデザートが見事な緑色のロールケーキです。抹茶と小豆のクリームです。あの堂島ロールのようなまろやかさです。もちろん手作りです。さすが・・・さらに進みます。2丁目はすでに臭いが外部まではみ出ています。得意の焼き肉です。男性のご家族等がウッドデッキに集まりお肉をジュージューしています。これです。臭いの元は・・・やはり美味しいですね。特にタレはお得意のあるお店の有名や辛いタレです。しかしながらこればかり食べておれませんので4丁目へ向かいます。最後ですがもうお腹はいっぱいです。「カレーライス」と聞いていましたので,正直期待していませんでしたが目にして驚きです。カツ,チキン,ナス,ピーマン,カボチャ,にんじん等が乗っています。美味しそうです。デザートはアイスでしたがもうとても入りません。ということで昼食をすべて堪能しました。

 おかげさまで初夏の梅雨前のひとときをお腹いっぱいにしてくれました。ちなみに養護老人ホームでは関係者が集まり,「ケーキ寿司」を作っていました。結構上出来でした。 

今回は介護報酬改定に基づいた契約更新もありました。なんとか無事終了しましたが、もう一ひねり何かしたかったですね。今度は掃除でもみんなでやりたいですね。

森のハイウエイ

 自宅から10分ほどのところが起点の山道が開通しました。せっかくですから通ってみること[T1] としました。今年の3月末頃に開通したようです。さて,この道は戸宇というところに出ます。八幡地区の川鳥で開催されるデイホームに参加しました。スタッフを含め約40名という賑やかな集まりでした。その後の予定があるため,この新しい道を通りました。全体の行程の4分の1程度が登りで,その後は下るばかりです。深い山の中を抜け,大きな橋を越えて、さらに走って集落に出ました。およそ67で戸宇へ出ました。みやびらまで近かったですね。でも逆に登っていくと厳しい道かもしれません。さてこの新しい道ですが,林道のようです。その昔の計画で木を切り出すためにものだったとか聞いたことがあるような・・・でも切り出す木はあっても切り出す人がいないし,もうお金にならない現実がありますね。なにか遅かったような・・・素敵な道ですが果たして維持できるのか疑問ですね。


 [T1]ありでしtあ 

お土産は効果抜群

 ある方が営業で個人的に私を訪ねて夕方ある方が来られた。なにげに説明を受けいただいたお菓子があった。「私が行ったわけではありませんが,よろしかったら・・・」という感じで頂戴しました。お帰りになった後,お茶を飲みながら開けて見ました。「あっ普通のカステラか?」と思いきや違いました。お菓子の底に金箔が貼られていました。いや違います。上側が金箔です。逆さまに箱を開けてしまいました。ましてやよく見るとその金箔にさえ「うさぎ」の絵があります。さらに切り方も指定されています。つまり高級なカステラでした。その上,結構美味しいのです。→→→毒はおなかに入り,結局「契約」すべき状況になっていました。たかだかお菓子,されどお菓子,効果てきめんというわけでした。そういえば古都「金沢」は金箔が名物というかお得意でした。

やはりさすがです。人に差し上げるには気の利いた品物が有効ですね。参りました。

いったいいくらだ1L?

 自家用車の燃料がなくて中国自動車道のSAで給油した。「レギュラー満タン!」と威勢良く言ったものの,領収書を見たら1㍑=148円?!の表示??これってハイオク??驚きです。だから高速での給油はいけません。地元のガソリンスタンドにより少しでも安くとプリペードカードを購入しました。「ところでここは1㍑おいくら?」と尋ねると,「139円です」とのお答え。「ではプリペードカードでいくらなの?」と再度訪ねると「-5円です」と再度のお答え。なんとなく得した気分でしたが・・・はたしてガソリンいくらなの?との疑問がわいてくる。広島県の平均は132のようです。やはり油田が見つからない限り山奥では安くなりませんね。

家族葬とは?

 葬儀のお知らせがあった。広島まで赴いた。「家族葬を希望」という話でしたのでしめやかに行われました。最近はよくご遺族から「家族葬」という言葉が出ます。しかしながら「家族葬」という定義があるのでしょうか?少人数で地味に,また本当に血縁者のみで静かに送るということでしょうか。実際にはお世話になったという人はお参りに来ますし,希望されます。またあまり周知せず葬儀をされますと,後からお参りになった方への香典返しが必要となり,結構な事務量となることが予想されます

それでもこれまで街中での葬儀に違和感のあった「通夜」のあり方について少し改善されることを希望します。あまり関係のない人たちが本葬に出る時間がないとかで通夜に押しかけることが少なくなりそうです。

そうそう葬儀のあった会場ですが,明らかに何かの建物を改修した感じです。通常の事務所をホールに改修した印象です。小さくてよいのですが,導線が少し難しいですね。なにしろ駐車場が目の前3台だけです。また着替えてホールに入るのに一度外出るんですよね。なんとなく周囲の目が気になって・・・それでも最近はこんな感じの会場が増えましたね。需要があるんだと思います。 

ひきこもり54万人

 日本は人手不足です。なのに先日の報道では引きこもりの人が54万人もいるというデータがありました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

内閣府は7日、仕事や学校に行かず、6カ月以上にわたり、家族以外とほとんど交流せずに自宅にいる15~39歳の「引きこもり」の人が、全国で推計54万1千人に上るとの調査結果を公表した。調査は2010年に続き2度目。10年の前回調査に比べ約15万人減ったが、依然として50万人を超える高水準。引きこもりの期間は「7年以上」が約35%と最も多く、35歳以上が倍増するなど「長期化・高年齢化」の傾向が顕著になった。40歳以上を含めたより詳細な実態把握が必要だ」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

どのように集計するのかわかりかねますが,庄原市の人口どころか福山市よりも多いのです。一時「5080問題」が話題となりました。50歳代の独身の息子と80歳代の母親という世帯構成ですが,この世帯が7という集計もあります。おそらく予想では「6090」へと移るものと思われます。もちろん就労していれば独身息子も問題ありませんが,仕事せず親の年金で生活していたら大変ですね。未婚も問題ですが,引きこもりも課題ですね。

 

該当の記事は見つかりませんでした。