2016医療福祉権建築賞授賞式

 東京で行われました一般社団法人医療福祉建築協会主催「2016医療福祉建築賞」の授賞式に428日参加しました。医療や福祉分野で過去3年間に建設された建物が対象で建物というハード面だけでなく,使用する人たちの使い心地というソフト面も併せて評価する賞であり,設計者や施工業者もっとも権威がありほしがるという賞だそうです。

 2016年度は3カ所が大賞で4カ所の準賞が決まりました。その3つの中の一つに選ばれるという光栄なことです。思い起こせば書類審査の後の現地審査は雪のある寒い日でした。事情で1回診査日が流れるというハプニングの後で忘れられません。ほかの2カ所はでっかい病院と特別支援学校でした。田町の「建築会館」が会場で知らない街ではありませんでしたが,かってが違いすぎて慣れません。ホールの一番前の中央の席に設計者と施工業者とともに座り表彰状を受け取りに出ました。すべての施設のスライドを審査員が解説していきます。どこも当然ながら素晴らしい施設であり,快適な感じがします。あとの祝賀会でのコメントを聴きましたが,是が非でもこの賞がほしいと公言される方もあり、賞の重みを感じました。

審査員長は「医療分野の大賞はバランスよく特徴が少ない。準賞は良い意味でもとがっている。また福祉分野はすべてがとがっていると言える。表彰することで少しでも医療と福祉の分野の進歩に貢献したい」とコメントされました。なるほど趣旨が理解できました。大変重いプレートをいただいて帰りました。今後建物のどこかに設置したいと思います。(とても素人が取り付けるレベルの品ではありません・・・)

 もう一度伺うような世界ではありませんだけに貴重な体験と慶びたいと思います。お世話になりました。

東本願寺の時間外労働??

 426日珍しい報道があった。浄土真宗本山「東本願寺の僧侶が時間外労働で・・・」と労働組合と交渉があったとか指導があったとか・・・陳腐な感じもしますが,お寺での労働争議ですか??基本的にお寺の仕組みは日本国の法律や制度よりずっと古いものです。ですから多くは無理矢理合わせていくしかありません。「修行」と考えると労働時間ではありません。しかしながら時間給で雇われていると契約となります。労働組合まであるとは進んでいるのか間違っているのか、不思議な報道でした。

そのうち家庭での「家庭内離婚」を機会に家事も契約になり時間外で訴えられることもあるかもしれませんね。

 

道を踏み誤る!

 学生の頃,易者に関心があり面白半分に占いを受けてみたり勉強してみたりしたことがあります。「易」は中国の漢籍である四書五経(科挙の試験に欠かせない書物です)に数えられる『易経』に基づくもので,六十四卦(八卦×八卦)の示す形の意味を個々の易者の力量で読み取って占う性質のものです。冷静に考えると言うなれば「統計学」に入る分野ではないかと考えます。各易者は私の未来を占っていろいろなことを予言してくれました。ある意味では当たっているとも言えますが・・・適当と言えば適当でいい加減なものです。中には未来を予想して書面にしたためてくれた易者もありました。遠い話です。それでも必ず言う台詞があります。

「いいですか?その調子で良いのですが道を踏み誤らないでください!」

と。いい逃げ口上です。そんな,人生の重要な選択に迷うから尋ねてるんですよ。簡単にわかるわけがないじゃないですか?だれしも道を踏み誤ろうと思っていません。人は岐路に立ったとき,熟慮したつもりで「一大決心」とか言いながら進むわけですが,その結果その選択が間違いで人生をまずい方向へ進めてしまうことはよくあります。

春は転機がやってきます。少し前にはゴールデンウイーク後に学校に行かなくなったり,仕事辞めたりする人が話題となりました。気が緩むのか,また気分が収まらないのか,迷う人があります。

私の同級生の中にそんな占いのクラブに所属している人がありましたが「占い師はやめたがいい。何がつまらないかというと、自分の運勢ほどつまらないものはない」と嘆いていました。

 

日本建築学会作品選奨

 午後花屋さんがやってきました。それも見たこともない大きな胡蝶蘭を抱えて入ってきます。「花が届く」とは聞いていましたが、珍しいと思ったのは、「日時の確認」と少し「日程がずれる」という打診が先日あったことです。納得できました。あまりに立派なのですぐに用意できなかったということですね。先日の「2016医療福祉建築賞」受賞のお祝いに施工業者よりちょうだいしました。ありがたいことです。ある職員が言います。

 「よく政治家のお祝いにある花でしょ」「有名人の病院のお見舞いなどにもありますね」と。なるほどそう言われれば・・・枯らさないようにしたいものです。

 あれからまた新たな賞をいただきました。「日本建築学会作品選奨」なるものです。こちらは設計の賞のようですが一次選考を経て現地調査が二次選考として行われ選ばれました。多くの日本中の建築物の中から選考されますのでもっと範囲は広いように思われます。この賞は2017年の表彰です。

ぽんぽこ山のお花見会

 25日ぽんぽこ山保育園のお花見会に参加しました。園庭の端に大きな桜があり,園長先生の予言通り4月下旬に満開となりました。移行開所して最初の春ですが,NPOの役員さんや隣家に方,地域サロン参加者,ミニデイサービス参加者も交えて宴が行われます。50名近くが参加して盛り上がりました。当日はNHK広島のテレビ取材も入り,話は進みます。私も食事をいただきながら参加です。

ふとあるお年寄りから声をかけられました。

「もう何十年ぶりになるかしら。50年近く前に幼稚園に勤めていて・・・覚えてます?」

「あっS先生?」

「昔の幼稚園は2階建てで・・・そうそうあなたが小学校3年生の頃、私の家の前を帰っているとき,話したことがあるんですよ。妹さんと一緒でね・・・お母さんがこんなことを言われていましたよ。・・・それから近所のMさんがこんな逸話を言われていました・・・」

と話は続きます。私はさすがに慌てましたね。S先生の元気ぶりにも驚きましたが,逸話などでてきて,まったく当人である私が覚えていません。先生40年以上も昔のことは・・・反則ですよ。私は40年以上さかのぼって反省するばかり。でもよく周囲を見ると隣家の人たちは私のよく覚えている昔の顔ばかり・・・学校の行き帰りによく育ててもらいました。感謝するばかりです。私も大人になりました。皆さんお元気で何よりですが、適当に忘れることも必要ですね。少し恥ずかしい思いもする花見会でした。

いろいろな風景

 いつも話しますが,勤務すると掃除の後、各建物を回ります。この季節は天候も良く風も入り少しずつ外気に触れながら巡回するので気持ちが良いですね。またご利用者に挨拶した後に仏様に線香を供えながら短いお経をあげます。すると少しずつご利用者も可能な方は集まってこられます。各ユニットを回っていくといろいろな風景が見れます。

テレビを見ている人いつまでも朝食を食べている人いつも自室で編み物をしている人新聞を読んでいる人毎朝同じ台詞をかわす人早朝からお菓子を食べている人テレビを眺めながら居眠りしている人外を眺めている人村上春樹を読んでいる人リビングで集まってたわいもない議論をしている人たち手を振ってくれる子どもたち・・・様々です。最低でも30分程度はかかりますが、ゆっくりしていると1時間以上も経過してしまうこともあります。様々な風景と過ごし方,これこそユニットケアの醍醐味かもしれません。

入所25年の現実

 そういえば少し前にある利用者が亡くなったことを聞いた。その方はシルトピア油木に入所されていて施設開所した当時からでしたので,約25年以上の入所になります。もちろん年齢も100歳は超えておられましたが,それにしても25です。

入所された当時は「措置制度」でしたので,経済面や環境などといった要素も加味されての「入所決定」でした。私はその方の自宅へ行きご本人と話しました。当時年齢は80歳近くでしたが,歩行は悪く移動に苦労されていました。入所後はことのほかベッド生活になじみ歩行は改善され,楽しく生活されていたように受け取ります。性格は大変猜疑心の強い方でしたが,気丈ではっきりされていました。おもしろい思い出も多くありますが,気むずかしさに苦労したこともあります。

しかしながら人生の4分の1が特養入所となると,もう少し考える必要があろうかと思います。はたして入所で良かったのかどうか。ご冥福をお祈りしいと思います。

まだ見ぬ絶景

 何度か絶景を目にしたことがありますが,このたびの風景もまさに絶景です。見たことがありませんね。たしか昨年知へ淡親会で行きましたが,水平線が見えるようで180度以上が海という眺めを見ましたが,それ以上かもしれません。両側は桜並木です。一度は訪れておきたい場所が誰にでもあるでしょうが,ここもその一つでした。地図で見るの実際では大きく異なります。道の駅に寄りました。少し見晴らしの良いところに上るとなんと両側が海です。でも岬ではありません。岬の灯台がある場所までまだ数十㎞あります。不思議な光景です。天気は晴れていますが風は強い。でもいつも強いのではないでしょうか?

 昼食場所がないのですがようやく見つけたお店は混んでました。やはりお魚です。結構贅沢などんぶりとなりました。帰り道メロディラインなる道がありました。タイヤが踏んで走ると音楽が聞こえます。みかんの花が咲いている。思い出の・・ですね。素敵な道路です。私たちの地元の街でしたら何でしょうか??

2丁目での花見という外での食事

 前日の大雨が嘘のように良い天候となりました。計画通り2丁目のウッドデッキでの食事会となりました。ここのウッドデッキからは桜はよく見えません。そこで気を利かしてどこかの桜の枝を活けてあります。雰囲気は出ています。朝からお昼に向けて手作り弁当です。担当の調理員さんも手伝って弁当作りです。ウッドデッキを中心に1番地側の折れ戸を開放し,2番地側のリビングからと居室のアダノ間を開けると結構な広さになります。おにぎり唐揚げ菜の花も添えてあります。さくら餅も手作りです。ポテトサラダも一緒です。寒くもなくむしろ日差しが暑いくらいです。風が吹きました。すると散り始めた桜から空へ舞い上がった花びらがたくさん降ってきました。まるで見えない桜がこれでもかと見せにやってきました。楽しく食事をいただき,桜吹雪を受けながら終わりました。これからの季節うまくウッドデッキを使って楽しみたいものです。

新年度も少しは落ち着きましたかね?

 あんなに寒くても春が来て桜が咲きます。あっというまに今年も4分の1が過ぎ去りました。早いものです。4月は異動がありました。78名の異動です。退職者採用者異動者とあります。長く同じ環境にあると卓越した技術を取得することもできますが,新しい取り組みや発想がなくなることがあります。人事ですから望まない部署や役割もあると思います。しかしながら新しい価値を見出すこともできます。ある方は「異動してみて新鮮でした」また「やめようと思っていただけに思わず行きたい部署の勤務になり驚いています」という意見もありますし,一方「こんな状況では勤務は難しくなる」というマイナス思考の方もあります。

 私自身もともと望まないながら,ある職能団体に入りいろいろな活動に長らく関わることになりました。大変だったこともありますが,多くの方にいろいろなことを教えていただきました。おかげで現在の私の福祉観を育ててくれることになりました。結果としては勉強になったわけです。

子どもの頃から言えることは,新年度でやる気があるうちに物事は取り組むべきということですね。能を大成した世阿弥1443年没)の『花鏡』に「当流に、万能一徳の一句あり。初心不可忘」とあります。やはり「初心忘るべからず」ですね。どんなに大成しても最初に志した「初心」を大事にしないといけませんね。充実した4月にしたいものです。

該当の記事は見つかりませんでした。