食品ロス

 珍しくあるスーパーに入った。安いことで知られるが,“はあ,なるほど・・・”と思えるだだっ広い店内です。箱ごと売ってたり,業務用や安いものが集められています。お弁当¥184??,メガ!ナポリタン¥104,歯ブラシ¥25,コーヒー豆500g378・・・あまりに安すぎるのか,手が出ません。まだまだデフレなのでしょうか?日本では年間632万tの食料が廃棄されています。量がイメージできませんが,1人当たり1日茶碗1杯にあたるようです。当然ながらコンビニ等での賞味期限切れの廃棄食料が含まれます。いつでしたか期限切れの弁当の割引販売が話題になっていましたが・・・それにしても上手く世界規模で生かせないものでしょうか。

 

歯磨きチューブと白い足袋

 寝ぼけるといろいろなことをやりますが,集中力でしょうか?最近さっきまで準備していたはずの書類を出かけるときには手にせず出かけてしまう。つまり肝心のことを忘れてしまうことがあります。歳でしょうか。また先日はお昼ご飯のあと,歯磨きをしようと歯ブラシにチューブをもって化粧室へ向かいましたが,いざ歯ブラシに・・・と手元を見るとチューブが違います。「オイラックス」です。つまり「かゆみ止め塗り薬」です。思わず笑ってしまいました。間抜けです。

 先日もご利用者が亡くなることがあり,施設で葬儀がありました。着替えてほんの200メートルほど徒歩で会場に向かいましたが,なんと水たまりに入り白い足袋が汚れてしまいました。その日に限って予備を持っていません。出かける際,いつものように「もう一足」と思いましたがなんとなく手にしませんでした。非常事態に備えて準備が必要ですね。間抜けな話ばかりでした。

吉野ヶ里遺跡

 対馬のお寺の仏像が盗まれ,韓国のあるお寺にあったものを返せとか,もともと高麗時代に日本に盗まれた仏像なので韓国の物だとか主張して揉めている。“もうどうでもよい”わけではないが,実際最初を見たわけでないので,どうも決着がつくように思えない。エルサレムの帰属を争う国同士の中東の戦争をも思い出す。

実は「吉野ヶ里遺跡」を見学したことがある。「吉野ヶ里」は佐賀県にあります。もともと観光名所でなかったものが,大きな縄文時代の遺跡が見つかったことから,邪馬台国の跡でないかと大騒ぎになった。『魏志』「倭人伝」に出てくる日本の国のルーツがもしかしたらここなのかもしれない。約1000人の集落があったようだ。かなり広い場所で,中をバスが走っている。しかしながら,やはり見た人はいないわけで,古代ロマンを語る楽しさがある。何十年か先に結論が出るかもしれないが,そう簡単に決着がつかない方が観光にはなると思いますが・・・

ドクターヘリ飛来!

 毎週の月曜日法人内事業所を回っています。シルトピア油木にお昼頃つきました。当日もあたり一面雪景色です。空は青く晴れています。油木保育所ありすの森へ向かおうとしていたら,上空がにぎやかです。ヘリです。ヘリコプターが旋回しています。そのうち降りてくるではありませんか。結局神石高原中学校のシルトピアグランドに雪吹雪を巻き上げながら着陸しました。どうもドクターヘリです。事故のようです。テレビ報道では谷にトラックが落ちて2名を救出したと全国ニュースでやってましたね。シルトピア油木から神石方面へ向かう道を少し左に外れて「入谷」へ向かう昔からの急な坂の道があります。通常はトラック等通りますが,冬場は気を付けないといけないくらい日陰で凍結します。とよまつ保育所ありすの森により戻って喫茶潤いの森で食事していた頃ですから1時間以上経過して飛び立っていきました。ひとまず助かって良かったですね。

 ずっと前に川崎医科大学で会議があり,午前中から参加していましたが,外にヘリポートがありました。へりのケアを一人の係がしていましたが,なんと何度も飛び立ちます。結構忙しそうでした。なにしろ山の中まで来るんですから,役に立ってますよね。お疲れ様です。

 

1月のお誕生会

 今年度デイサービスさくらでは毎月お誕生会があります。当然ながら月によって誕生者の人数は異なります。今年度は担当者の方針で色紙を書くことになりました。私がです・・・。今月も担当者から部屋の前の書類入れに色紙がおかれていました。1月はなんと7です。休みの日に下手ながら書いてみました。なお禅語や仏教語をしたためていますが,色紙の裏にはその意味を記した説明文を貼ってあります。今月の言葉を紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

慧眼(えげん)」=妄念を離れ真理を見通す智慧をそなえた眼。

般若(はんにゃ)」=悟りを得る智慧

縁起(えんぎ)」= 因縁によってあらゆるものが生ずること。転じて事物の起源や由来を意味する。

(そうぎゃ)」=仏教修行者の集団や仲間、僧侶在家を含む仏教教団全体をいうこともある。

慈悲(じひ)」=慈しみを持った「思いやり」「情け」

法輪(ほうりん)」=仏の教えが人間の迷いや悪を打ち破り追い払うのを、古代戦車の進む姿にたとえたもの。

雲水(うんすい)」=修行僧の呼称。師をたずね道を求めて各地をめぐり,あたかも流れる雲や水のように一ヵ所にとどまらずに修行する僧。

平成二十年冬

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ご利用者の皆さん雪にも負けず,寒さにも負けず元気で長生きしてください。

再婚の割合が26.8%

 厚労省の18日の発表によると,2015年の平均結婚年齢は男性30.7女性29.0だった。1975年が26.9歳と24.4歳なので,晩婚化が進んでいると言える。また2015年に結婚した人たちの26.8%が再婚で,このうちどちらも再婚だったケースは先ほどの数字の中で9.7%だったという。

 女性の結婚年齢の晩婚ぶりは顕著な気がしますね。それでも結婚することはめでたいです。なにしろこのままいくと日本は2060年には人口が8,000万人になるという予想が出ています。再婚でも何でもよいです。しかし,こんなに再婚が多いのであれば初婚をもっとちゃんと失敗しないように考えないといけないですね。

稀勢の里優勝

 雪も多く降り出かけず,せっかくなので夕方温泉でも行こうと出かけたが、雪道を走り久しぶりに訪れた温泉は「休館中」で,がっかりして帰宅した。仕事しながらテレビを見ていたら大相撲をやっていて,横綱白鵬が敗れ,大関稀勢の里が優勝した瞬間を目撃した。どこかでどうせ千秋楽で白鵬が勝って決定戦を制すると思っていただけに驚いた。苦節何年かわかりませんが,“勝負弱い”稀勢の里が大関昇進後31場所で優勝した。これで横綱も近づいたかもしれませんね。ちなみに最後の日本人横綱は19年前の貴乃花だったと思います。まあ「遅咲きすぎ」と言えますが,久しぶりの日本人横綱になると思われます。これまでチャンスはありましたが,白鵬やその他のモンゴル人力士が強く悲願達成はありませんでした。でもあきらめてはいけませんね。おめでとうございます。

勝負弱いと言えば,新日本プロレスの後藤洋央紀選手も同じです。力強く勢いのがあるのですが,タイトルマッチに勝てません。まさに勝負弱い!なにか一つ大事なものが欠けているのかもしれません。お正月の試合でちょっとしたタイトルを手にはしましたが,会社が売っている割には,またビッグマッチを組んでもらえる割には成果が出ていません。本人もスタイル替えたり,ユニットを移ったりして一皮むけようとしますが,なかなかです。少し前にプロレスリングノアの杉浦選手と3回続けて大きな大会でぶつかりましたが,見事に敗れ散ることがあり,力の差を見せつけましたが・・・いつ大成するのでしょうか。

大寒と厳しい話

 120日は大寒です。1年で一番寒い日ですが,さすがに意地になって雪が降っています。午後から三次へ出張で出かけましたが,帰りは前が見えないほどの雪模様となりました。けっこう積もりそうです。

 出張は三次地区の福祉施設の代表者が集まりました。色々なデータから入所待機者は大きく減少しています。その一番の理由は介護度3以上しか入所を認めなくなったことで介護度1・2の方たちを受け付けない、あるいは別台帳管理とするといった方法で削除したことによります。このことはとうにピークを過ぎていることをデータは語っています。広島県のベッド数を待機者の数は大きく下回っています。また介護職員、看護職員の確保が難しい状況も深刻となってきました。新しいところでは,「入所者を探す状況がある」「定員減も速やかに行いたい」「居宅を閉じたい」「困って人材派遣にも打診したがうまくいかない」といった声でした。またこれらに対して取り組みとして「定年制廃止」「高校回り」「幅広く採用し上手く仕事につながる人を探している」といった声が聴かれました。いつか見えてくる予定の現実でしたが厳しいですね。事業は拡大するより縮小する方が難しですね。人出が少なくなるのはどこも同じですね。

珍しく元気なアーケード

 アメリカトランプ大統領がまもなく就任します。先行きが見えずなんとなく世界的にも不穏です。アメリカイギリスEU中国韓国・・・仲の悪い話ばかりで,私が生まれて以来こんな感じの世相はなかったような気がします。日本でも国内の人口減と元気のない町や地域の話題ばかりです。それでも少し元気な町があります。日本一長いアーケード,元気な商店街といったキャッチフレーズの街に出会えました。「佐世保」です。アメリカ海軍,造船,お魚,長崎,ジャパネットといった印象ですが・・・

 数百メートル続く確かに長いアーケードはきれいで元気な感じです。シャッターもほぼ降りていません。人出も多く地方の中でもにぎやかです。広島のアーケードより少し幅が狭いのですが,その分人が多く見えます。あるんですね。こんなところといった感じです。脇の通りには飲食が多くあります。人口は29万人ですから福山市より少ないのですが、町の形状も異なりますがにぎやかです。

1月17日

 平成7117阪神大震災が発生しました。あれから22年です。当時大変な地震災害でむごたらしい甚大な被害状況を目の当たりにしたのを昨日のように覚えています。ところがあれから東日本大震災広島水害熊本地震等・・・ありましてすっかり日本は災害大国となったように思います。私たちはこれらの災害からどれくらい成長できたのでしょうか。非常時の備え,避難経路,太陽光,ハザードマップ,非常用バッテリー,地震保険・・・多くのものが生まれたように思います。施設ではこの災害の日に非常食の入れ替えを兼ねて試食をするところは多いと思います。

 被害の教訓を無駄にしないことが犠牲者の供養になると思います。

該当の記事は見つかりませんでした。