金箔の記念切手

 郵便局へ今年はよく通いました。現在郵便局は会社となり、いろいろなサービスがあります。少し気になる品物がありました。金色の貯金箱です。あの赤い郵便ポストの金色版です。いつかレポートしましたが,日本最西端のJP駅九州鹿児島県の無人の西大山駅だったと記憶していますが,“黄色いポスト”があります。幸せの黄色いポストとして人気を博しているのを実際見たことがあります。

 「この金色の貯金箱は景品?どうしたらもらえるの?」と尋ねました。そこで登場したのが“金箔の記念切手”です。なんでも広重か歌麿でしたか日本画の記念切手です。1枚¥1,000切手が4枚で8,000です。さすがに景品ほしさで購入するものではなさそうです。購入される方があるのかと思いましたが,売れているみたいです。それでも使用したら消印押すんでしょうか?ましてや金箔です。押せるんでしょうか?

 そんなくだらん疑問を抱いた年末でした。

 今年もお世話になりました。次年度も頑張りましょう!

少し視点の異なった施設見学

 年末に施設見学がありました。T大学の先生です。研究テーマをお聞きしました。「以前特養施設でも勤務していたんですが,利用者本位の論文は見ますが,働く人にとっても,有効なバランスのとれた論文を見ないので,そこを研究しています」という一級建築士の先生です。たしかに福祉現場のわかる建築士は少ないと思います。かなり研究されて来られたようでした。なにしろ設計のシーラカンスの建物はくまなく見学されているそうです。一番の関心は図面で確認していた“リビング”と3か所に分かれる“茶の間”に注目されていました。「実際の介護現場では業務上リビング周辺に利用者を誘導して,目の届く範囲でお世話しているはず」と仮定されていたようです。実際がどうなのかを見学されました。各棟,各ユニットはそれぞれが違った様相を見せています。1か所でなかよく過ごしたり食事するユニットもありますが,多くは数か所に分かれてテーブルを配置しています。実際食事もそのように摂っていたり,テレビもそこで観ていたり,または常に一人を好まれたり・・・色々です。それも多くの死角に囲まれた造りにも驚きがあるようです。約3時間興味をもって歩かれました。お帰りの際,「はるばる来てみましたが,大収穫でした。少し考え方が変わりました。良かったです」と感想を言われ高速バスに乗られました。寒い日に遠路お疲れ様でした。素敵な論文を期待しています。

 

現代の貧困か?

 ピケティ21世紀の資本』という本が流行った。なかなか難しいのでこの本の解説本を購入して読んだ。要は時代が進むと資本は増強されて社会が豊かになり,格差は解消されていくという古くからの考えに対し,多くの国の長いデータ,つまり“ビッグデータ”を分析して,ピケティはいっときは格差は無くなりつつあるが低成長率の先進国では不動産等の資本の持つ意味が大きくなり,資本増強に寄与するため,再び格差が広がるという結論を導いているという意味で画期的だ。

 そんな本を読みながら実際の街を見てみると,街にはモールという巨大ショッピング,回転すし,ドライブスルーのチェーン店,郊外の巨大なお店・・・等全国にあります。とろこが最近特に感じますが、これらに見える人たちは何となく似た感じで、セレブなどいません。いわゆる現代の下層階級に見えますが・・いかがでしょうか?ファーストフードを食していると,味覚も統一され,服装も統一され・・・・どうもどっぷりつかっていますね。

 

メリークリスマス!

 私たちは子どものころ「クリスマス」というとデコレーションケーキでした。今はどうなんでしょうか?私たちの子どもたちは育つ中で「ケーキ!ケーキ!」とは言わなかったものです。言葉にするのは親ばかりでした。最近は大きなケーキでなく,最初から8等分されたそれも,8種類のケーキから成り立つものがあります。ついつい購入して周りの人たちと頂きました。工夫があるものです。

 東京駅で“でっかいサンタブーツ”を探してみました。少し見栄えのある面白いプレゼントを考えましたが,どうも時代はブーツを求めていません。それらしいものはありませんでした。お菓子が詰まったブーツもほしいものではないようです。来年はどんなものが流行りますか?

 

忘年会を覗くタヌキ

 季節が季節です。忘年会が続きいよいよ最終局面に入っています。各ユニット単位でまたデイサービスは数日にわかれて開催しています。晴天の暖かい冬の昼間デイサービスえがおで鍋をいただきながら忘年会です。えがおは5丁目との間に芝生の中庭を持っています。ふと外に目をやると信じられない光景です。タヌキです明らかにタヌキが中を覗いています。それも12時過ぎの真昼です。ウッドデッキに寄ってきて,中を覗いています。それも毛づくろいをしながら・・・どうしてよいものか?少しも人を恐れません。っても「タヌキ汁」とかいう冗談を言える雰囲気ではありません。餌をやるわけにもいかず。喉あたりに少し傷が見えます。なんとも大胆不敵で誰かが飼っているのか・・・とうとう人間の方が遠慮しないと生きていけないことになりそうです。

 そういえば自宅付近もイノシシに好き放題掘りつくされています。路肩が崩れそうなくらいです。なんか動物の方が優勢にありつつありますね。最近も鹿の話も聞きました。人口減です。ますます深刻ですね。

廊下がイルミネーション

 世の中クリスマスが近づいています。毎年ですがイルミネーションがきれいです。近くでは国道沿いの宮原のイルミネーション,少し距離はありますが庄原国営丘陵公園のイルミネーションが有名です。特にこの10年はLEDの普及で電気代も少なくなり,彩も派手になりました。ある施設を尋ねました。イルミネーションは特に見えませんが,玄関を入ると大きなツリーがあります。さらに廊下を進み一角を曲がると,なんと驚きの電飾です。廊下の床以外見事な壁から天井まで電飾でいっぱいのイルミネーションです。見事ですね。なるほどこういう飾りもあるかと納得!外だけがイルミネーションではありませんね。来年は少し工夫してみたいと思います。

忘年会に参加して

 季節は年末です。忘年会がありました。主催は職員の会である「淡親会」です。人数的に入れないので2回に分けて行われました。私が参加したのは第2回です。今回は約100名の参加です。前回は140名ばかりだったと聞いています。毎年のことではありますが,今年を振り返ってみます。北海道幹線・熊本地震・オバマ大統領広島訪問・津久井やまゆり園事件・リオオリンピック・広島東洋カープ優勝・トランプ大統領・朴大統領弾劾・・・といろいろなことがありましたし,多くのことが報道されます。この先3年後5年後のことなどもう予想は尽きませんね。それでも無事年の瀬を迎えることができましたことを慶びたいと思います。食事ですか?十分頂戴しました。ごちそうさまでした。来年も頑張りますよ。

日露会談と北方領土

 山口県と東京を舞台に念願の日露トップ会談が開催されました。大変思い切った外交のように見えますし,大きな成果が期待されました。しかしながら安倍首相とプーチン大統領です。実は前日夜中にあるBS番組でプーチン大統領の独占インタビューが放送されていた。印象として領土交渉は難しいという感じがしました。相手はプーチンです。交渉は一枚も二枚も上です。ましてや一方では戦争を仕掛け,一方ではエネルギー外交を繰り広げ,平和条約交渉をするという強者です。

 ずっと昔,“納沙布岬”から歯舞色丹諸島を遠くに眺めたことがあります。岬の松が強い風のため常に斜めになっています。厳しい環境の地域です。どうも私たちは交渉結果をみて,死ぬまでに訪れることのない北の最果てとなりそうですね。

 

高次脳機能障害の研修会

 定期的にお見え下さる方々の中にはボランティアもあれば,運動指導士さん,各療法士さんたちがあります。みつぎ総合病院から来て下さる方の中に作業療法士さんがあります。毎月定期的に来て利用者の状況を見て指示をくださいます。ある夏の日にお話ししていたら「高次脳機能障害」が専門分野であることを教えていただきました。最近は多くの障害が分類や研究され,医学も進んでいますが,あくまでも研究途上であり,対応についてわからないことが多くあります。ご利用者のみでなく,仕事しているスタッフ間でもかかえている人があると思います。ぜひ学びを深めたいところです。ある法人の会議等で紹介しましたところ,夜にもかかわらず70の方が集まりました。講師は研修の中で「復帰支援」という言葉を使われました。色々な障害があっても本人のみならず周囲の理解と支援があってこそ可能となることです。つまり理解がある現場か職場かということが問われます。多くのことを教えていただきました。

 そういえばこの作業療法士の先生と打ち合わせをした前日ある方から研修資料として「発達障害」に関する資料をたくさん部数送っていただきました。この障害についても悩ましいことが多くあります。色々なテーマがたくさんありますね。

東城地域の支えあいの集い

 12月10日庄原市社会福祉協議会が主催する「東城地域の支えあいの集い」が開催されました。参加者約120名という賑やかさです。毎年東城支所を中心に地域づくりをテーマとした発表が行われます。中学生から通学時にながめる地域の風景と農業について,また高校生からは出会った先生から受けた影響と将来についての意見提言がまず行われました。

 社協の山内会長からは庄原市の現状について詳細は説明がありました。厳しい状況をあらためて認識することになりました。つづいて認知症の家族を支える毎日について,自治振興区の取り組み,社会福祉法人の地域貢献,社協が行うサロン活動についての報告と発表がありました。私は「社会福祉法人東城有栖会」が取り組む地域貢献と集いの場作りについて報告しました。社会福祉法が改正されましたが,国を挙げての多くの批判と期待が込められています。事業説明は良く行いますが,私たちが果たしている地域貢献につながる役割などは説明する機会がありません。少し整理して臨みましたがはたして理解できる内容であったかどうか疑問です。それでも時間をただいたことはありがいことでした。

 私はほぼ毎年この集いに参加させてもらいます。色々な面からの提言があり考えさせられます。未来をつくる子どもたちが生きいきと暮らせていける町にしたいですね。

 

該当の記事は見つかりませんでした。