100歳のお祝い

 毎年のことではありますが,庄原市木山市長100歳以上の方のお祝いに来られました。忙しい公務の合間を見ての訪問です。東城地域で18名,風の街みやびらで4名,東寿園で2名がおられます。時間通りにお見えになり,本部棟2階研修室にてお祝いを渡され,ご挨拶されました。初めての方もありますが,もう数回目のご利用者もあります。それでも症状を受け取り「にっこり」されますと,安心します。庄原市の中で78該当者があるそうです。入所施設はともかくもお一人ずつ訪問されますとすごい手間ですね。お疲れ様です。

 表彰後は,ご家族をまじめ市長と記念撮影です。96まで生きた私の祖母は話していました。「やっぱり長生きがいい。変わりゆく世の中を自分の目で見ることができる」と。長生きは大事ですが身内や同級生などいなくなってはおもしろくないしね。

鼻から胃カメラ

 私たちの職場では年2回の健康診断を受けます。もちろん夜勤業務のある事業所ではどこも法定となっていますが・・・年齢と関わりますが,一定年齢以上の人には「生活習慣病健診」の受診をお勧めしています。「生活習慣病」の言葉は先頃亡くなった日野原重明先生の命名ということですが・・・ということで春先に健診機関で「生活習慣病健診」を受けました。おそらく秋には移動検診車で受けることになりますが・・・結果は「要精検」という通知を受けました。そこで胃カメラを飲むことになります。

ひとまず出勤するとH看護師さんから「今日は絶食ですよ!」「よくご存じで,もちろんわかっています」。

次にY看護師さん「憎まれ口たたいてたらポリープ見つかりますよ!」「なんという・・・」

さらにU看護師さん「その悪い性格を直してもらってください」と皆さんさんざんに緊張感を高めてくれます。

予約時間に健診機関を訪れ準備します。そうはいっても胃カメラも10年ぶりですかね。担当看護師さんが緊張を和らげるためにいろいろな話をしてくださいます。「同じ寅年ですね。誕生日も近い」「えっ(若い!)」「一回り違いますが・・・」(そうりゃそうだ)といった感じです。そのうち鼻からカメラを先生により入れられて,胃の中を自分で確認して終わりました。ポリープ1個ありましたね。

その後,お腹減ってましたので,昼食をと思いましたが麻酔が結構効いています。一度うわさのレストランへ行ってみる気になりました。結構満足できましたが,知り合いに会いすぎて驚きです。

ちっとも良い生活なんかしとらんかった!

読売新聞」の1面の特集に「億ションと子ども食堂」という特集が汲まれている。「第二のバブル到来」とささやかれる中で,当面高価なマンション需要が続くと分析する東京都内で無料あるいは低額で利用できる「子ども食堂」も90カ所以上ある現実。アベノミクス加速と声高に訴える安倍政権の光と影を取材しています。

ある集まりで親しくある方と話すことがありました。顔見知りですが,あまり多く話したことはありません。子どもさん一家をこの田舎に戻して同居して生活していると話されました。

「家へ行ってみりゃ,街中でもちっともいい生活しとらんかったよ。夫婦で働いてもたいしたことはない。子どもの様子を見てこりゃいかんと感じて連れ戻ることにした」と同居されることになったそうです。

そうなんですよね。街中でも生活が良いとは限りません。また逆に田舎だから豊かとも限りません。田舎でも孤独死や餓死が存在する現実を否定できません。

なんてことでしょう!➌

なんてことでしょう!」さらにはと続けましたら,妻が帰って訴えます。

「きょうスーパーで久しぶりにYさんと出会ったら,いきなり”G-shockあのあとどうなったの?”と訊かれてあきれたわよ。一瞬なんのことかと思ったけど,読んでる人いるわね。ブログ。大迷惑よ」というわけで,③で結末をお話しします。

 実はあのあと,ある日本業より帰ってみると,私たちの居間の机の上に「青い箱」がありました。「Casio」と記載されています。そうです,届いたようです。何気に置いてありますが,「やったいただき!」では罠にはまります。それでもやはり気になるので,そっと開けて見ました。なるほどカタログで見たものです。妻は「デジタルとアナログの針が両用だった」と主張していましたが,私の記憶ではクロノタイプのデジタルであったと覚えていますが,その主張を簡単には否定できません。なにしろ証拠隠滅行為がばれてまして,カタログを処分してしまっていますから。この部分にこだわっては墓穴を掘ります。ひとまずデジタルであることを確認してそのまま箱に戻しました。当然ながら価格は高価ではありませんが,新品ですからきれいですね。

夜になって妻が確認します。「はあ~なるほど思ったよりいいわね。これならいいかも・・・いいでしょ?」

「もちろんです!?」というやりとりのもと見事【没収】となりました。かくしてクーデターは未遂に終わり平穏が訪れました。そんなこんなで腕時計の電池交換に3つばかり持ち込みました。

 そうそうあれ以来カタログが・・・

東芝の悲劇と会計監査人の義務づけ

 日産自動車の検査不正神戸製鋼のデータ偽装・・・等と大企業の不正が大企業だけに影響は大きいと言えます。今日のネットで東芝の東証上場廃止を当面凍結して維持するというニュースが流れていました。 

先日上京した折,少し時間があって新宿の本屋に寄った際,山積みにされているジャーナリスト大鹿靖明氏の『東芝の悲劇』を立ち読みしました。長年東芝を取材し続けてきた大鹿氏によると,「チャレンジ」という内部の売上水増しという極端なバイセル取引により不正経理体質に落ちていったと分析しています。これは長年にわたる上層部の無責任体質によるといいます。「加計学園」「森友学園」という話題よりも国を代表する企業であるだけに問題は大きいように思えますが,つぶすにつぶせない企業です。

私たち社会福祉法人も30億円以上の取引のある法人は,会計監査人あるいは監査法人をつける義務ができました。今後,監査人や監査法人との間で「不正経理」として問題となる法人が出てくることが予想されますね。

このカテゴリーに該当する記事はありません。