FC2ブログ

初雪です!

 昼間所用があり帰宅して着替えてお参りに出かけました。寒い天候です。ふと見上げると車のフロントガラスに雪が付きます。初雪です。今年は遅く123日の初雪です。そう言えば2日前の朝には近くの飯山(八幡富士)はまだ白くありませんでしたが、白滝山猫山道後山は上が白く降雪がありました。いよいよ冬がやってきています。

 思い出すに10月31日に雪が降ったことも覚えています。その頃のことを思うと降らなくなりました。送迎車両はタイヤ交換です。 


東城町仏教会による歳末助け合い托鉢

 12月2日恒例の東城町仏教会有志による歳末助け合い托鉢を行いました。当日午前中は雨模様で果たして実施できるのかどうか心配されましたが、実施予定時間の午後には日差しさえ差す晴れ模様となりました。都合のついた8名による托鉢です。手甲脚絆をつけた托鉢衣装で地元の東城町の商店街へ出かけます。真言宗の学恩寺から三楽荘へ出て歩き始めます。1軒ずつお経を読みながら進みます。いつかも話しましたが5軒のうち3軒は留守あるいは空き家です。構造上商店街は京都と同じように出入り口が狭く、奥に長い寝床のような建物が続く古い田舎の城下町です。事前に新聞広告を入れての托鉢ですので待ってくださる方も多く、集めてきた小銭や追いかけて渡してくださる方もあります。しかしながら日曜日は閉まるお店が多いことから月曜日にしたのですが、理美容院は休みですから、やはり考え直すことも必要です。いずれにせよ浄財をくださいました皆様ありがとうございました。中国新聞を通して中国新聞社会事業財団へ送金する予定です。


ある朝のコーヒー

 ある朝、用事があり出かけ、少し時間があったので開店したばかりのカフェで過ごした。入口でメニューを見ていると店員の女性が「いかがですか?試飲しませんか?」と声をかけられた。「試飲と言わずコーヒー飲みたいのですが」と答えて店内に座った。本を読みながら静かに過ごした。そういえば自宅以外で朝から静かに過ごすことはあまりないですね。そのうち試飲の「モカ」が運ばれてきました。やはり味が違いますね。少し香りがフルーティーで美味しい。優雅な時間でした。最近静かなゆっくりできるカフェは少ないですね。もちろんお客が少ないこともどうかとは思いますが・・・


PC故障の不便

 自分のパソコンの調子が悪くなりました。どうも故障のようです。ということで修理に出すことになり代替え機となり、なかなか不便です。①扱いなれない ②モニターが見にくい ③自宅での勝手が悪い・・・・等で不便です。でも仕方ありません。ということでブログの更新もなかなか進みません。

 そもそもスマホを使用することが増え、若い人たちはスマホで多くの情報を得るようです。私たちも使用しますが、モニターになれず字が小さくて見にくいですね。またKeyも文字を打ちにくいですね。もちろん持ち歩くにはスマホの方が多いですね。うまい人は文書や書類もスマホで作成できるようです。毎日の情報もEメールで送信しますが、部署ごとの連絡引継ぎはLINEも使用しています。便利がよくなるのか置いていかれるのか???

社会福祉法人閉鎖の衝撃

先月ショッキングなニュースが入りました。静岡県の社会福祉法人が特養を閉鎖したいという申し出を行い大騒ぎとなり、結果は3施設計133人が行政の介入もあり、転居を終えたといいます。

この話題には多くの課題が見えます。「施設の定員が合計160名なのに8割超しか埋まっていない」「職員の人出が不足していて運営継続できないという現実」「窓口で閉鎖を申し出た」など。運営面では95%を割る稼働率では収入面で厳しい。つまり成り立ちません。そこへ人手不足は何もせずいるともうだれも就職してくれません。また窓口で閉鎖を伝える程度では大混乱を招きます。ご利用者のみでなく家族を含め、また他施設にもすごい人数に迷惑をかけることになります。今後の予想として、もっとこんな問題は増えると思います。すでに厚労省は1法人1施設の社会福祉法人については合併、統合を推奨していますが、進まない状況を考慮して「社会福祉連携推進法人」なるものの設立を決定し、複数法人が連携して運営継続できるよう考えています。お互いの資金を活用して「大型設備投資」や「人手の補強」などしやすくしようという方向です。

しかしながら宗教法人の合併と同じように、設立の異なる法人の合併は感情的に難しい現実があります。ただ運営継続が厳しいですね。これからの方法論や研修として「積極的な事業縮小の方法」や「スムーズな事業内容の転向」など注目されることにあると思います。