FC2ブログ

鹿です。

 そういえば「鹿」を見ました。初夏のある月曜日いつものように南に向かって国道182号線を走って庄原市から神石高原町へ入ろうとした成羽川の沿いでした。カーブ前で見事な鹿が一頭道路を渡ろうとしています。たまに見かけますが久しぶりです。道路を渡り川へ向かいました。軽やかな足取りです。スピードを落として通り過ぎようとした次の瞬間、さらに右からもう一頭が渡り始めました。こちらもびっくり!危ない!と思った瞬間、野生の鹿も車の接近に気づいて、向きを変えました。山側へ戻ります。夫婦だったのでしょうか?かつて鹿が車両に体当たりしたとか聞きますが、珍しいですね。

 先日は早朝の7時頃の散歩の折、大きな鳥が木に泊まったと思った瞬間、振り返った顔がフクロウでした。イノシシサル、タヌキキツネフクロウアナグマ・・・色々見かける季節です。


業務監査です。

 5月末は法人の監事さんによる業務監査です。4日間各事業所を回りながら、終日行います。編集作成した事業報告書の内容を中心に、説明と質疑が行われます。私たちの施設は2日目でした。ちなみに初日は2カ所の小規模多機能施設の監査に同行しました。姫りんごもみじの丘帝釈です。読みながら説明を加えますが、誤字や脱字もありますし、説明が修正を加える部分の指摘もあります。特に今年度は非常時の備蓄についてのリストについてどの施設でも確認されました。

 監事さんには事前に事業報告書決算書が送付され、充分確認されています。勉強済みということです。また監事さんや理事さんの役目についての研修も毎年開かれています。それにしても4日間大変お疲れ様でした。これから理事会、評議員会へと続きます。

さわやかな季節です。

 早朝はもう5時頃から明るい。朝の勤めも爽やかな時間です。その後散歩あるいは草刈りを行います。まだ暑くなく汗もほどよい。出勤後は午前中は窓を開け、風を感じながら仕事すると気持ちも晴れるというもの。新緑の中で、大きく息を吸いながら周辺を歩くと爽やかな季節です。あと2週間もすれば「梅雨」が予定ではやってきます。このひとときを楽しみたいものです。


非常事態宣言解除と面会制限解除

 ほぼ全国で非常事態宣言が解除されつつあります。残りは特別警戒区域のみの都道府県だけとなりました。全国で900以上の介護事業所が1ヶ月以上閉鎖し感染に対応しましたので、今後経営状況を危ぶむ声が出ています。感染中心地域は当然ながら、全国的には感染者が0だった岩手県はともかく対応にもさまざまです。たとえば山形県40近くの事業所が閉鎖していましたが、広島県20にもなりません。ところが感染者が1桁だった鳥取県では24の事業所が営業を辞めています。こうやって終息に向かっている現在、いろいろな反省に基づいて顧みる必要があるように思います。

 まず安全であることは優先されますが、閉めることでご利用者支援がどのように継続されるかが重要です。代替サービスが必要です。次の感染流行に備える必要があります。私たちの入居施設も61より面会禁止を解除します。もちろん当面マスク着用、手指消毒、健康チェックを実施しての面会です。このまま穏やかに収まることを祈ります。


再放送にも

 外出自粛要請のおかけで自宅でTVと過ごす時間が増えたわけですが、テレビ番組も再放送や再編集物が多くなりました。当然です新しい撮影が出来ないわけですから。‘まったく番組が面白くない!’と思いながら何気なく見ていました。あのラグビーの「ノーサイド・ゲーム」。再編集して主人公の大泉洋が新しいナレーションでストーリーは進んでいきます。気づいたことですがなんと言っても昨年はラグビーワールドカップがありました。大変な盛り上がりでしたが、このドラマも一役買いました。よく見直すと随処に何か予言めいたことが多くあります。企業チームのあり方についての方向性、今後の日本のとるべき戦法等、今になってみるとさらに理解できる内容があります。驚きですね。 

 さらに夜中に「JIN」に再放送を連日しています。ついつい見ていると、感染病「コレラ」への対応の中に感染症対策の基本が見えます。何かを予言したような放送です。やはり素敵なドラマや番組は見直すと結構おもしろい!